指原莉乃、秋元康とガチで“プロデューサー”の会話「より遠く感じた」

4月28日(金)12時9分 Techinsight

「指原莉乃プロデュース『声優アイドルオーディション』開催!発表記者会見」にて

写真を拡大

指原莉乃秋元康と初めて「プロデューサーとして初めて喋った」ことをツイッターで明かした。HKT48STU48でメンバーと劇場支配人を兼任するほど秋元の信頼が厚い指原も、真剣にプロデューサーの会話を交わすとさすがに緊張したという。

4月27日、『秋元康のトーク 755』にて運営スタッフとお寿司屋さんでミーティングする場面と指原莉乃がグラスを手にする姿が投稿された。指原が同日に『指原莉乃(345__chan)ツイッター』で「今日の議題は『秋元さんが突然カツラになったら突っ込めるか』…無理」と明かした後に「帰り道に秋元さんとプロデューサーとして初めて喋った…」とつぶやいた。

HKT48劇場支配人に任命される前から、2012年6月25日に『指原莉乃プロデュース 第一回ゆび祭り〜アイドル臨時総会〜』を日本武道館で開催するなど手腕を発揮していた指原。2013年には“SKE48終身名誉研究生”時代の松村香織ソロデビューをプロデュースしたり、HKT48のコンサートでセットリストや演出に関わる。

また、今年の1月30日には彼女がプロデューサーを務める代々木アニメーション学院の協力で『指原莉乃プロデュース声優アイドル』の取り組みを発表するなどグループを飛び出して活躍の幅を広げている。そんな彼女が秋元康から「曲の発注の仕方とかセンターの決め方とか」を聞かされ「すごい人だってわかっていたけど、より遠く感じた」という。



STU48は1期生31人が決まり本格的に動き出した。夏には声優アイドルのCDデビューが予定されている。アイドルの枠に収まらない活躍を見せる指原莉乃に秋元康はさらに大きな可能性を感じているようだ。

出典:https://7gogo.jp/akimoto-yasushi

Techinsight

「指原莉乃」をもっと詳しく

「指原莉乃」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ