ふなっしートレイン&ふなっしーバス “平成”振り返る新京成電鉄に「梨のシーズンだけでも走らせて」の声

4月28日(日)15時30分 Techinsight

ふなっしートレインとふなっしー(画像は『新京成電鉄【公式】 2019年4月27日付Twitter「【平成29年(3)】ふなっしートレインを運行し、大きな話題となりました。」』のスクリーンショット)

写真を拡大

平成から令和へと元号が変わる時が近づくなか、『新京成電鉄【公式】』Twitterでは「#平成振り返り」のタグとともに運行車両などの変遷を投稿している。4月27日の【平成29年(3)】では「ふなっしートレインを運行し、大きな話題となりました。バスでも特別車両が運行されました」とツイートしてフォロワーの関心を集めた。

新京成電鉄は千葉県東葛地域に「新京成線」を有する京成グループの会社で、同グループは新京成バスを運営している。そのため千葉県船橋市在住のゆるキャラ・ふなっしーと縁があり、「ふなっしートレイン」やふなっしーをデザインした特別車両のバスを運行したのだろう。

ふなっしーが一緒に映る当時の光景に、フォロワーから「千葉は遠いしって思ってたら、旦那っしーがふなっしートレイン乗るために、千葉に連れてってくれました ふなっしーに出会って、毎年千葉に行ってます 今年も2回行きますよ by 道産子」、「バスには乗れなかったけど、特別列車でふなっしー車掌さんと共に、楽しい思い出を作ることができました。ありがとうございました またいつの日か、是非」などの反響があった。

他にも、「ふなっしートレインがホームに滑り込んできた時の感動は忘れません。そして、ラストランは最高の思い出でした。本当にありがとうございました。いつかまた乗りたいです」、「また乗りたいです。梨のシーズンだけでも毎年走らせてくれたらと思います。難しいかな」、「令和もまた走らないかなー スタンプラリーもまたやりたいです」といった声が多く、人気の高さがうかがえる。

画像は『新京成電鉄【公式】 2019年4月27日付Twitter「【平成29年(3)】ふなっしートレインを運行し、大きな話題となりました。」』のスクリーンショット

Techinsight

「新京成電鉄」をもっと詳しく

「新京成電鉄」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ