美バスト女子アナの“極秘”「パィナマ文書」を公開!(1)フリー転身の元フジ・加藤綾子は重責がなくなり…

4月29日(金)9時57分 アサ芸プラス

「パナマ文書」の流出によって、国家指導者ら世界のVIPの隠し財産が発覚した。各国が震撼する中、美女アナ15人が隠し持つ豊潤なバストを徹底研究。現役局員や関係者の証言をもとに「パィナマ文書」を作成した。サイズからカップまで激揺れ御免の極秘データをここに公開する!

 リストの筆頭に掲示されたのは、4月末でフジテレビを退社する加藤綾子アナ(30)。すでに事実上はフリーの身でありながらも、新番組に抜擢されるVIP待遇が話題となっている。フジテレビ関係者が語る。

カトパンが新MCを務める日曜夜の『スポーツLIFE HEORO’S』は、明石家さんまのご祝儀出演もあって、深夜枠ながら初回の視聴率は5.5%と好発進。今なお数字を持っていることを証明した。早朝番組の重責がなくなったせいか、100メートル先からでもカトパンだとわかる明るい笑顔が戻っています。一時は使いづめで激やせしていたのがウソのように、以前より胸のカップが大きくなった印象を受けます」

 4月13日放送の「ホンマでっか!?TV」では退社を記念して、ウエディングドレス姿を披露。進化する“カトパイ”を見せつけた。

 この日はスタジオを出て、ウエディングサロンで出張ロケ。露出度の高い肩出し衣装で登場すると、出演者一同の視線は剥き出しになった胸元へ注がれた。

「ここがキツイです」

 カトパンが指し示した先には、チューブトップに収まりきらなかった谷間がこんもり。そのゆがんだ推定Eカップの乳房は、まるで荒々しくムギュッと、わしづかみにされたよう。

 続いて、胸元がシースルー生地のドレスに着替えると、今度は布地のすき間から、クッキリとした谷間のラインを披露。スタジオはカトパンのオッパイ解禁サービスに大盛り上がりだった。

 カトパンが退社してもフジテレビには巨乳アナがゴロゴロいる。局内で「おっぱい番長」の異名を持つ秋元優里アナ(32)もその一人だ。推定Fカップ乳と遭遇したバラエティ番組ディレクターが証言する。

「身長が170センチ近くもあるせいか、一緒に仕事をしていると、ついついボリューム豊かなオッパイにばかり目がいってしまう。3年前に出産してから、いっそうデカくなったと評判です。彼女は父親の仕事の関係で外国暮らしが長かったんですが、あの外国人のような張りのあるオッパイは海外生活のたまものと言われています」

 今年2月に男子フィギュアの元日本代表・小塚崇彦と結婚し、「幸せ絶頂パイ」と評されるのが大島由香里アナ(32)だ。報道部ディレクターが明かす。

「かつて『ニュースJAPAN』のキャスターに抜擢された時などはそのプレッシャーからうどん、ラーメン、カレーとハシゴするなど、ヤケ食いに走ってオッパイがパンパンにボリュームアップした。あの頃に比べれば、手に収まりそうな適度なサイズに落ち着きましたが、歩くたびにプルプルと震える柔らかさは当時のままです」

 トヨタの社員でもある小塚とは別居婚生活が続いている大島アナだが‥‥。

「現在の大島のレギュラー番組は『新報道2001』だけなので、名古屋にいる夫のもとに足繁く通って愛を育んでいるようです。このままいけばオメデタも近そうですね」(前出・報道部ディレクター)

 ポスト・カトパンの大本命に躍り出たのが「めざましテレビ」で後任を務める永島優美アナ(24)だ。番組スタッフが生情報を耳打ちする。

「しっかり者の癒やし系美でがっちりした体形に見えるものの、そばで見ると触り心地のよさそうなモチ肌に目を奪われます。バストサイズもCカップ以上とポテンシャルは高い」

 入社3年目でカトパンと比較されるのはキツそうだが‥‥。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏がお見立てする。

「カトパンを意識しているのか、MCとなってからはタイトな衣装で美乳を披露することが多くなった気がします。これまでは美脚メインでしたが、新たな美巨乳クイーンの座を狙っているのかもしれません」

 薄着のシーズンを迎え、その真価が問われそうだ。

アサ芸プラス

「加藤綾子」をもっと詳しく

「加藤綾子」のニュース

BIGLOBE
トップへ