中田敦彦、「外出自粛下のYouTubeから“ニュースター誕生”の予感」動画激白

4月29日(水)17時58分 アサ芸プラス

 外出自粛の中、テレビの出演者も間隔をあけたり、モニターで出演するといった形式に様変わりしており、YouTubeの在り方にも当然影響が出ると言えそうだ。

 そんな昨今、オリエンタルラジオ中田敦彦が、みずからのYouTubeチャンネル〈中田敦彦の2nd YouTube〉、4月14日投稿の〈外出自粛中のYouTubeはどうなる?〉で、訪れるであろうYouTubeの未来について激白した。

 番組冒頭、スタッフから「今後YouTubeの流れとして、1人でやっていくほうが、活躍する流れが来ると思いますか?」との質問に、「ああ、素晴らしい質問だと思います」と答え、まずは、活動自粛前に撮ったストックが向こう1か月は流れるだろうが、それ以降はコラボもテレワークになるだろうと持論を展開する中田。YouTubeもトーンダウンするかと思いきや、しかし中田は違うと言う。

「新しいイノベーションも生まれるだろうなと思ってます。この時代のグループチャンネルの在り方とか、コラボの仕方とかを見つける人がイノベーションを起こして、斬新なコンテンツを出すだろうと思います。(中略)全然ニュースター生まれるんじゃないですか。芸能人でもない、今までのYouTuberスターでもない、新たなニューウェーブが来るだろうと思ってるんですけどね」

 と、中田は近いうちに訪れるであろうYouTubeの明るい未来について激白したのだった。中田は自信をもってこうも加えた。

「大ピンチって常に訪れるなって思っていて。想像した大ピンチが来たことはなくて、いつも想像もしない大ピンチが訪れるんですよ。その時に大事にしてる言葉は絶望するな、〈まだやれる事はある!〉。こういう時にふるいに掛けられると思うので、ボクは突き破る側でありたい」

 オリエンタルラジオは、歌とリズムダンスを取り入れた斬新なネタでデビューを飾り、お笑い界に新たなジャンルを築いたといっても過言ではない。その後もYouTuberとして進化を続ける中田の発言には頼もしさも感じる。中田の予見通り、はたして誰がニュージェネレーションとなるのか?もちろん、中田自身という可能性も大いにありそうだ。楽しみに待ちたい。

(ユーチューブライター・所ひで)

アサ芸プラス

「YouTube」をもっと詳しく

「YouTube」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ