“純潔“にして色気がヤバい山地まり、美しすぎるFカップボディに熱視線!

4月29日(土)17時0分 メンズサイゾー

 女優でタレントの山地まり(22)の美しいFカップボディに注目が集まっている。現在、「週刊プレイボーイ」(集英社)によるデジタル写真集「山地まり『女』っぷりが上がりました。」の厳選フォトブックが無料配信中で、それを手に入れたグラビア好きから絶賛コメントが上がっているのだ。


 2012年に「週プレ」の巻頭グラビアで、"素人女子高生"としてグラビアデビューを飾った山地。整った顔立ちとボリューム感のあるバストを見せつけた彼女は、あっという間に男性読者のハートをキャッチした。


 2015年には、同誌が太鼓判を押す「週プレ3姉妹」に抜擢。年間を通してグラビアページを彩るなどし、名実ともにトップグラドルの仲間入りを果たした。ちなみに山地は漫画を描くことが得意で、「週プレ」に自伝漫画『山地まりのおっきな胸(ゆめ)物語』が掲載されたこともある。


 その後、女優業やタレント業が忙しくなったこともあり、グラビア活動が控えめに。久しぶりのビキニショットを披露した作品が、昨秋リリースの「『女』っぷりが上がりました。」だ。


 「明るくエロカワイイ」をテーマにしたという今作に、カラダを3キロ絞って臨んだ山地。目力の強さが印象的な彼女は、それまで挑発的なポーズのグラビアも多かったが、この作品では隙のある女性を意識して生々しい色っぽさを表現したかったという。そのため、セクシーな表情が目をひくグラビアが豊富になっている。


 まさに「女っぷり」を上げた山地を見たファンは、「ボディも見事だが色気がヤバい」「いつの間にか大人の女性になっている!」「このエロスは事件です」などと大興奮。かなり大げさなコメントが飛び交ったようにも思えるが、それにはワケがある。かつて山地は「処女宣言」しており、ファンの間には純潔イメージが浸透しているのだ。


 15年のファースト写真集『処女』(集英社)発売時、さまざまなインタビューで、男性と交際したことはあるが「キス以上はない」と告白した山地。写真集のタイトルも、そんな山地を表現したもので、発売記念握手会では「週プレ」編集部から処女認定書を授与された。


 山地は翌年の「週プレ」インタビューでも、「アレは守ってるの?」の問いに、「アレって、アレですよね? もちろん、決まってるじゃないですか〜。まだ、経験してません(笑)。守りたくて守ってるわけではないんですが、もう22歳になってしまいました(汗)。いつでも捨てる覚悟はあります」とコメントしている。現在の状況はわからないものの、今回の厳選写真集を目にしたファンは、彼女の"処女とは思えない色気"に改めて驚いたようだ。


 最近の山地は女優やタレントとしての活動がメーンになっているが、グラビア人気はまだまだ健在。純潔にして色気がヤバいと評判の彼女には、グラビア界を盛り上げる活躍も期待したい!
(文=愉快)

メンズサイゾー

美しすぎるをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ