手書きの解説図まで……叶美香が「バストQカップは計算上ありえない」に猛反論ッ!

4月29日(日)7時0分 耳マン

「私はQカップとRカップの間ですよ」

姉の叶恭子と妹の叶美香からなるふたり組ユニット・叶姉妹の美香が、自身のバストサイズがQカップであることを告白した……のだが、「計算上Qカップはありえない」という物言いがついてしまった。これについてなんと美香は解説図まで用意して(!?)反論している。

叶姉妹 オフィシャルブログ

美香は3月16日、姉妹それぞれのスリーサイズ(恭子が上から98.5、56、92。美香が100.5、57、95だそう)をブログで公表するとともに、自身のバストサイズについても「私はQカップとRカップの間ですよ」と明かした。なんとファビュラス!

しかし、一部報道で、このカップ数は計算上ありえないと指摘されてしまった。その報道では、スタイリストの談という形で「Qカップだと、トップバストとアンダーバストの差は50cmになる。となると、美香さんはバスト100.5なのだから、ウエストよりアンダーバストが細いことになってしまう」と主張していた。

手書きの解説図まで……セレブとして毅然な対応

報道を受けて、美香は4月25日にブログを更新。おそらく自ら書いたとみられる図とともに、自身のバストサイズについて「ハリウッドのランジェリーの特注品を扱うエキスパートの方が教えてくださったことですよ」と強調した。そのうえで、「バストにはさまざまな『カタチ・シェイプ』は普通にどのサイズでもあることですよね」と、バストの形状によっては成立する計算だと反論している。

叶姉妹 オフィシャルブログ

最後に彼女は、「もちろん、悪気があるとは思ってはおりませんがこれ以上失礼なことがある場合は顧問弁護士の先生からその存在するのかわからないスタイリストも含めご連絡をさせていただくつもりですよ」と付け加えており、セレブとして毅然とした対応を示している。

[HEW]

耳マン

「解説」をもっと詳しく

「解説」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ