卒業の指原莉乃、NGT騒動に言及「すべてを1からやり直さなければ…」

4月28日(日)23時33分 マイナビニュース

アイドルグループ・HKT48指原莉乃が28日、神奈川・横浜スタジアムで卒業コンサートを開催。終演後に報道陣の取材に応じ、NGT48の騒動について「すべてを1からやり直さなければいけないと思っている」と話した。

AKB48グループへの心残りを聞かれると、NGT48の騒動について切り出し、「それに関しては、改善の余地どころか、すべてを1から作り直してやっていかなきゃいけないと思う」と意見。「私にできることはすごく限られていますし、今までも実際に会社の人たちに『どうしたらいいのか』、『こうすることはできないのか』って何度も声を上げたんですけど、私1人の力で動くものじゃないんだなと、改めて社会、会社の厳しさに気付きました」と話した。

そして、「これから本気で変えたいんだったら、すべてを1からやり直さなければいけないと思っているので、私にできることがあるなら手伝いたいと思っています」と指原。アイドル人生を振り返って「悔いがない」と話していたが、「それに関しては確かに、もっと自分が何かできなかったのかなとは思います」と打ち明けた。

指原は、2007年にAKB48の5期生オーディションに合格し、2008年3月に劇場デビュー。2012年6月にHKT48に移籍し、劇場支配人としてもグループをけん引してきた。昨年12月15日にTOKYO DOME CITY HALLで開催されたHKT48コンサートで卒業を発表し、4月13日に福岡にて卒業公演を開催。そして、本日28日の卒業コンサートをもってアイドルを卒業した。

マイナビニュース

「卒業」をもっと詳しく

「卒業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ