警視総監を目指す人間ドラマ『桜の塔』がゲーム化 上司の信頼で階級アップ

4月29日(木)21時54分 マイナビニュース

俳優の玉木宏が主演するテレビ朝日系ドラマ『桜の塔』(毎週木曜21:00〜)の、スマートフォンやPCブラウザでプレイできるロールプレイングゲームが29日、リリースされた。
『3年A組 -今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ 19年)で東京ドラマアウォードグランプリなど数々の賞を総なめにした脚本家・武藤将吾氏によるオリジナル作『桜の塔』。警察ドラマだが、王道の犯人VS警察ではなく、警視総監を目指して巻き起こる組織内のパワーゲームに焦点を当てた人間ドラマを描く。
ゲームの内容やキャラクターはオリジナルの設定となっているが、主人公が警視総監を目指し、階級を上げていくストーリーはドラマ同様。同僚・情報屋・後輩の3人でパーティーを組んで、各フロアに登場するキャラクターに聞き込みをし、クリアのヒントになる情報を集めていく。上司の信頼を得ると階級アップ。警察組織の少し分かりづらい序列も覚えられるため、ドラマの予習や復習にも役立ちそうだ。
対応端末などの詳細は、番組ホームページや公式SNSで確認できる。

マイナビニュース

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ