プリンスに「エイズ発症」報道、宗教上の理由から治療拒否していた。

4月29日(金)10時57分 ナリナリドットコム

プリンスは死の半年前に、エイズが発症していると知らされていたと、欧米の複数メディアが伝えている。

先日、57歳の若さで死去したプリンスは、1990年代にHIVに感染していたというが、宗教上の理由から治療を受けることを拒否。昨年エイズが発症していたという。

エホバの証人の信者だったプリンスの友人たちは、ナショナル・インクワイアラー誌に「プリンスは調子を崩していました。医師たちはプリンスの血球数が異常に低く、体温が平熱の37度よりも危険なほどに下がっていると、プリンスに伝えていたみたいです。彼は完全に鉄欠乏症で、とても弱っていて、たびたび方向感覚を失っていました。たまに何か食べましたが、食べても全てをもどしてしまっていました」と語っている。

そんな体調が思わしくない中でも、プリンスは周囲に「神が僕を治癒することができ、そうしてくださる」と話していたという。

プリンスが医師からエイズの事実を知らされた際、その宗教の信者たちはプリンスが薬物治療を受けるのを勧めなかった。

ある関係者は「プリンスは永遠の命を持っていると彼らから言われていましたし、信仰によって治ると信じていました」「ですが、症状がまた戻ってきて、治療を施すにはもう遅い段階でした。夏を過ぎた頃までの命と言われていましたが、彼の免疫システムはとても弱っていました」とプリンスの様子を説明する。

プリンスはエイズからくる痛みと臀部の問題のために、オピオイド系の鎮痛剤を取っていたといわれている。

また、死の6日前にアトランタ公演を終えプライベートジェットで自宅へと帰る途中、プリンスは鎮痛剤のパーコセットを過剰摂取し、アヘン剤を解毒する「セーブショット」を投与されていた。 

友人達によると、プリンスは自身の死を察しており、葬儀のことも計画し始めていたともいわれている。

ナリナリドットコム

宗教をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ