愛川欽也 42歳年下の寵愛女優が密葬の夜に「私、ダメです」

4月29日(水)16時0分 NEWSポストセブン

生涯現役だった愛川欽也

写真を拡大

 東京・中目黒のキンケロ・シアターで愛川欽也(享年80)の遺作映画『満洲の紅い陽』が4月18日に公開された。脚本も監督も主演も愛川。戦後混乱期、大陸と日本で波瀾万丈の人生を送った映画会社社員の主人公が、愛し合った女性に看取られるシーンで幕を閉じる。

 

 その女性を演じたのが、愛川が主宰する劇団キンキン塾の看板女優である任漢香(にん・かんか)だ。愛川より42歳年下の38歳で「20年に1人の天才女優」と、その才能にベタ惚れだったという。2007年には愛川が2晩連続で彼女の自宅に通っていたことが週刊誌で報じられた。劇団関係者がいう。

 

「愛川さんの最期を看取ったのは妻のうつみ宮土理さんだった。任さんには愛川さんの容態が悪化したことも亡くなったことも知らされず、17日に都内で営まれた密葬にも参列できなかったそうです」

 

 17日夜、自宅前で任漢香に話を聞いた。

 

──お気の毒です。

 

「いま私、とても悲しくって……ダメです。今日はお酒を飲んでしまって、酔っ払ってるんです。お話が全然、頭に入ってこないから……また明日にしてください」


──最近の様子は?


「宮土理さんもまだコメントを出されていないのに、いま私からお話しするわけにはいかないです。ごめんなさいね……」


──明日から愛川さんの最後の作品が公開されます。


「はい……。とにかく、劇場にいらしてください」


 赤く腫れた目は涙で一杯になり、目頭と悲しみをおさえる手は震えていた。


 キンケロ・シアターで遺作を鑑賞した任の父親は恋愛関係を否定しながらも、こう語った。


「密葬の日に娘に電話すると、“いま葬式をしているみたいだ。どうしていいかわからない”とただ泣いていた。愛川さんが娘に愛情と期待を込めてくださったことに感謝しています」


 遺作の主人公のように、生涯の最期まで女性に愛し愛された愛川だった。


※週刊ポスト2015年5月8・15日号

NEWSポストセブン

「愛川欽也」のニュース

BIGLOBE
トップへ