美保純「ネットでは私の勝ち!」 黒木瞳いじりが止まらない

4月29日(土)7時0分 NEWSポストセブン

メインMC抜擢で勢いは止まらない

写真を拡大

「絶対にお弁当とか作ってない感じがする。6年も前から作ってたって言うけど、黒木さんは映画監督もやったり忙しいわけですよ。(作ってるのは)お手伝いさんだと思う」


 テレビを見ているこっちがハラハラするほどの辛口コメントを繰り出すのは、『5時に夢中!』(TOKYO MX)のコメンテーター、美保純(56才)。ターゲットになっているのは、あの黒木瞳(56才)だ。黒木が朝日新聞の連載コラムで《毎日作るようになって6年。一日の始まりは、当たり前のようにお弁当作りから》と書くと、厳しくツッコんだ。


 もはや“黒木いじり”は美保の十八番になっていて、怖いもの見たさの視聴者が続出。《最近、出汁をとるのにハマっている》と黒木が綴ると、「黒木さんが出汁をとるなんて…絶対粉末ですよね」と即座にイジる。さらに4月12日の《シャツの襟は洗顔石鹸で汚れを落としてから洗濯機に》というコラムの内容には、「いやぁ〜絶対、こすってないと思います。(家庭的母親キャラの)北斗晶さん寄りですよね」と、こんな具合。


 共演する江原啓之(52才)は「穏やかにお願いします…」とタジタジで、ふかわりょう(42才)も「黒木さんに何かされた訳じゃないんですよね?」と心配するほど。


 それでも、最近の美保は止まらない。毒舌を吐いても不思議と許されるキャラが認められてか、4月からはNHKお昼の顔に。平日午後1時5分〜4時の情報番組『ごごナマ』の司会に船越英一郎(56才)とともに大抜擢された。ここでもゲストの朝ドラヒロイン・有村架純(24才)を前に「まだ(朝ドラ)見てないんです、明日から見るね」とぶっちゃけて大ウケしている。


「美保さんは同世代の女性にはマジで厳しい。ただ、黒木さんには格段のこだわりを感じますね。56才の同い年ということもあるんでしょうかねぇ」(番組関係者)


 美保と黒木。元宝塚のトップスターで、退団後もいつも主役級の黒木に対し、美保は地元・静岡市のデパート勤務から芸能界入りした叩き上げ。美保の知人が言う。



「『火サス(火曜サスペンス劇場)上がり』といわれるのをすごく気にしていた時期もあったと聞いてます。黒いロングスカートをはいていると、“火サス丸出し”って言われたとか(笑い)。とくに同い年で、ずっとスポットライトの下にいた黒木さんにはライバル心がずっとメラメラと燃えているようですよ」


 2人は過去に2度共演したことがある。1989年の『晴のちカミナリ』(NHK)と1995年の『豊臣秀吉 天下を獲る!』(テレビ東京)だ。『晴のち〜』では黒木は主演の渡辺謙(57才)の相手役で美保は3番手。『豊臣〜』でもやはり黒木の方が重要な役どころだった。


「黒木さんが31才で結婚し、その後出産したのに対し美保さんは独身。なんとなく勝ち組、負け組の雰囲気もありましたが、ここにきてテレビでの露出で逆転するとは、なかなかスゴイですよね」(芸能関係者)


 実は2人ともヌードになった過去があり、美保はそれも強く意識しているそう。


「お酒好きの純さんは酔っぱらって、『ネットでは、ヌードもスッピンも黒木瞳より美保純のほうがかわいいって意見が多い! ネットでは私の勝ちだ』と冗談まじりに言っていました。あれ、本気だったのかもしれないです(笑い)」(前出・美保の知人)


 大女優にかみついてもどこ吹く風。向かうところ敵ナシ。


※女性セブン2017年5月11・18日号

NEWSポストセブン

「美保純」をもっと詳しく

「美保純」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ