ベッキー「なつかしいこれ!」 妹ジェシカが幼少時の“昔のマブダチ”写真を公開。

4月29日(水)19時5分 Techinsight

子ども時代のジェシカ(画像は『ジェシカ ツイッター』のスクリーンショット)

写真を拡大


ベッキーの妹でダンサーのジェシカ・レイボーンが、ツイッターで“昔のマブダチ”と写った1枚を公開。姉のベッキーも懐かしんでいるが、どういう状況でジェシカと彼がマブダチになったかは憶えていないようだ。

米・ロサンゼルスでダンサーとして活動するジェシカが、4月22日に『jessicaJJrabone ジェシカ(jessicaJJrabone) ツイッター』で「Mikhail Gorbachev was my best friend」「昔のマブダチ、ゴルバチョフ」と説明して子ども時代の写真を投稿した。姉のベッキーが28日に『ベッキー♪♯(Becky_bekiko) ツイッター』でそれをRTすると、「なつかしいこれ! なんでこうなったんだろうね!笑」とつぶやいた。

ジェシカのツイッターには、幼い彼女の姿に「おめめくりくり」、「可愛すぎます」と目が行きながらも、「ゴルビー人形!?」、「渋いですねっ!」とコメントが寄せられており、読者も“マブダチ”が気になって仕方がないようだ。

ベッキーとジェシカの父親はイギリス人、母親は日本人だ。2人は日本で知り合って結婚しており、ベッキーもジェシカも神奈川県出身となる。なぜ、幼少時のジェシカが“マブダチ”と呼ぶほど元ソビエト連邦大統領であるゴルバチョフ氏の人形を大切にしていたのか。今となっては、ベッキーも思い出せなかった。

ただ、ベッキーのツイッターには読者から「うちにもいました! ゴルバチョフ! 頭動かすと『ウー!』ってゆうやつ!」というコメントがあり、当時のゴルバチョフ人気から日本でも人形が出回ったのかもしれない。

当時は幼かったジェシカも今では29歳となる。彼女がモデルを務めたフォトを4月26日に『ジェシカ jessicajjrabone Instagram』で公開しているが、すっかり大人っぽくなった姿に時の流れを感じる。

※画像1枚目は『twitter.com/jessicaJJrabone』、2枚目は『ジェシカ jessicajjrabone Instagram』のスクリーンショット。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

Techinsight

ベッキーをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ