ジゼル・ブンチェン、孤独な少女時代語る「友達も少なくて」

4月29日(金)12時10分 Techinsight

ジゼル・ブンチェン「あまり人気がなかった」(出典:https://www.instagram.com/gisele)

写真を拡大


ブラジル出身の人気モデル、ジゼル・ブンチェン(35)は、大変裕福なアメリカンフットボール選手と子供を2人もうけ、幸せいっぱい。しかし若い頃の生活はパッとしたものではなかったといい、「特に人気があったワケではない」そうだ。

このほどジゼル・ブンチェンが『People』の取材に応じ、少々孤独だった少女時代を振り返った。

「パーティも全然好きじゃなかった。だから滅多に外出もしなかったの。“誰よりも人気のある女の子”ではなかったわ。」
「友達もほとんどいなかったの。」

だがその後、ジゼルは世界中から成功を目指してやってきた少女たちに出会い親しくなったという。

「そう少ないながらも、そういう友達は忠実でサポートもしてくれた。当時は貧乏だったけど、互いの家でご飯を食べたり安い物をオーダーしたものよ。まるで家族のようだったし、今も愛する友人達よ。」

ちなみにジゼルはその後モデルとして大成功をおさめ、莫大な富を築いた後にランウェイからは撤退。しかしその他の仕事は今も続けており、妻・母としての生活もとても充実している。

出典:https://www.instagram.com/gisele
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

Techinsight

「少女時代」をもっと詳しく

「少女時代」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ