『ブラック・ウィドウ』米特別映像、スカーレット・ヨハンソンが活躍を振り返る

4月29日(木)12時14分 THE RIVER

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新作映画ブラック・ウィドウより、2021年4月28日(米国時間)にスーパーヒーローの日”(National Superhero Day)を記念した特別映像が米国で公開された。単独映画の公開を控えた今、ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフの活躍を少しだけ振り返ってみよう。

“スーパーヒーローの日”とは、現実にも、フィクションの世界にもいるスーパーヒーローたちを称える日として親しまれているもの。今回の映像は、マーベル・スタジオが「ナターシャ・ロマノフは永遠に我々のヒーロー」として、彼女の活躍を回想する内容だ。

「つかみどころのないナターシャ・ロマノフのこと、どれくらいご存知ですか?」。語りは『アイアンマン2』(2010)以来、ブラック・ウィドウ役を演じてきたスカーレット・ヨハンソン。ナターシャの「S.H.I.E.L.D.に入る前、私は自分で名を上げた」というセリフに続くのは、スカーレットの「アベンジャーズを結成する時、S.H.I.E.L.D.が頼ったのは……」との言葉。『アベンジャーズ』(2012)で、ナターシャが電話を肩と頬の間に挟んだまま格闘を繰り広げるシーンが挿入される。

「KGBの元暗殺者、S.H.I.E.L.D.のエージェント。アベンジャーズの一員としてニューヨークの決戦に加わり、ウィンター・ソルジャーと対決し、ウルトロンから世界を守った。ソコヴィア協定にサインして、その結果にも向き合った。サノス軍を食い止めようとして、すべてを失ったように思えた後も、彼女はチームを組みました。」

スカーレットの言葉通り、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)まで、ナターシャはMCUのあらゆる局面において戦いを続けてきたのである。「だけど、みなさんは彼女のことをどれくらい知っているんでしょう? 彼女の物語を語る時です」。かくして映像は、謎に包まれたナターシャの過去に迫る『ブラック・ウィドウ』へとつながっていく。

締めくくりは、スカーレットの「お待たせしました」という一言。新型コロナウイルスの影響による1年以上の公開延期を経て、ようやくその全貌が明らかになる。

映画『ブラック・ウィドウ』は2021年7月9日(金)、映画館 and ディズニープラス プレミア アクセス同時公開(プレミア アクセスは追加支払いが必要)。


THE RIVER

「スカーレット・ヨハンソン」をもっと詳しく

「スカーレット・ヨハンソン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ