ショック!ヤンキース田中、故障で戦列離脱 メディアは「つぶれる」と予想していた

4月30日(木)11時55分 J-CASTニュース

日本人大リーガーは災難続き(写真:AP/アフロ)

写真を拡大

   ヤンキースの田中将大が右腕の故障で戦列離脱。精密検査を受けて決断したものだが、復帰は1か月後という。手術も、との見方もある。

   突然の球団発表だった。2015年4月28日のことで、レイズ戦の登板前日のことだった。



不安を抱えたままキャンプ、オープン戦をこなす


「右手首の炎症」

「右前腕部のハリ」


   これが症状で、15日間の故障者リストに入った。前回の登板内容が良かっただけに、田中本人が驚いている。


「せっかく調子が上がってきただけに残念。早く治して戻って来れるようにしたい」

   異変を感じたのは28日の朝。田中によれば、朝起きたときに痛みを感じた、という。前日にも違和感があったらしく、1日経って異常事態になり、精密検査を受けた。


   ヤンキースは28日のレイズ戦の試合前、田中の名前が入ったシャツを観客に配り、29日の田中先発のデモンストレーションをしていた。その直後の離脱決定だけに、球団もファンもショックを受けている。


   田中は昨年7月、右ヒジ靱帯の部分切断で戦列を離れたことがあった。手術を免れたが、ずっと不安を抱えたままキャンプ、オープン戦をこなした。再発の可能性はどうなのか。


「検査の結果は、そうではない、ということなので安心した」

   田中のコメントである。しかし、周囲の見方は不安そのものである。とりわけ、ジラルディ監督は険しい表情を見せた。


「復帰して、ローテーションに戻るまでは、1か月はかかるだろう」

   現時点では、とりあえず1週間はボールを握らないこと、と医師に命じられており、調整メニューは患部の様子を見ながら決めるという。



日本人大リーガーは災難続き


   この田中の事態を予測していたメディアがあった。全国紙の「USA Today」である。開幕前に「夏につぶれるのはだれか」という特集を組み、その中で田中は3位にランクされていた。


   「変化球で打者を戸惑わせるだろうが、最後には力尽きてトミー・ジョン手術(ヒジ)を受けることになるだろう」と。


   日本の投手出身の評論家の多くはこう言う。


「投手が手首の炎症で離脱するというのは珍しい。ほとんど聞いたことがない」

   日本人大リーガーは災難続きである。レンジャーズのダルビッシュ有は手術してリハビリ中だし、マリナーズの岩隈久志もつい先日、故障者リストに入った。そして、田中である。このほか和田毅、藤川球児も手術経験者。総崩れの感がある。


(敬称・略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

J-CASTニュース

ヤンキースをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ