「ワイスピ」最重要映像放送されず 野村周平「1番いいとこカットされてるやんけ!」

4月30日(日)15時6分 J-CASTニュース

金曜ロードショー放送にファン怒り(画像は「ワイルド・スピード SKY MISSION」のDVD・Amazonより)

写真を拡大

「ありえない」「クソ編集、放送する意味無し」—。

2017年4月28日、「金曜ロードSHOW!」(日本テレビ系)で放送された「ワイルド・スピード SKY MISSION」の編集方法に視聴者から怒りの声が相次ぎ、いわゆる「炎上」状態となっている。



地上派テレビでの映画放送の「編集」をめぐっての「炎上」は、フジテレビ系が17年3月に放送したディズニー映画「アナと雪の女王」での「独自エンディング企画」が記憶に新しいが、今回の金曜ロードショーではファンにとって重要な意味を持つシーンが「カット」され、怒りを買っている。



事故死したポール・ウォーカーの回想シーン



今回放送された映画「ワイルド・スピード SKY MISSION」は2015年公開で、「ワイルド・スピード」シリーズの7作目。シリーズの主人公の1人であるブライアン・オコナー役を演じたポール・ウォーカーさんは、同作クランクアップ前の13年11月に交通事故で亡くなっており、これが彼にとっての遺作となった。



同作の本来のラストシーンでは、主題歌「See you again」にのせて、ブライアンが、もう1人の主人公ドミニク・トレットとともに2台の車で並走。ドミニクが「俺たちは兄弟だ」といった言葉をつぶやくと、これまでのシリーズでの印象的なシーンが回想される。回想が終わると、道は2つに分かれ、2台は別の道を進む。その後「FOR PAUL(ポールに捧ぐ)」という言葉が映し出される。ウォーカーさんとの別れを演出したこのラストはファンにとって最も感動的かつ重要なシーンだ。



今回の「金曜ロードSHOW!」では、本編の終盤に「ブライアン役ポール・ウォーカーさんは本作完成前に死去されました」と字幕が入り、その後「FOR PAUL(ポールに捧ぐ)」という文字が書かれた画面を映し出されただけだった。本来の感動的なラストシーンが放送されないと分かったと同時に、ツイッター上には、


「一番カットしちゃダメなところカットするなよ!」

「ありえない」

「見る価値半分以下」


といった声が相次ぎ、俳優の野村周平さんも自身の公式ツイッターで


「1番いいとこカットされてるやんけ!!!」

と反応した。



さらに公式ツイッターがファン神経を逆撫で



さらに「ワイルド・スピード SKY MISSION」の放送終了直後、「金曜ロードSHOW!」の公式ツイッターアカウントが、



「ブライアン役のポール・ウォーカーさんの活躍をもっともっと見たかったですね。本当に残念です。」

「本作の主題歌である『SEE YOU AGAIN』は、撮影途中に不慮の事故で亡くなられたブライアン役のポール・ウォーカーさんに「ありがとう」の気持ちを伝えるために作られた曲なんですぅーーポールさんの魂よ安かれ............」


と、続けて投稿。これがファンの神経を逆撫でし、さらに怒りを買う結果となってしまった。2つの投稿へのリプライ(返信)には、



「じゃあエンディングカットすんなや」

「視聴者をなめてるとしか思えません」

「クソ編集、放送する意味無し」


といった怒りの声が数百件単位で寄せられ、「炎上」状態となっている。



一方でラストシーンのカットについて、



「地上波でポールウォーカーとのお別れシーン公開しても、知らない人ポカーンだしそらカットされても仕方ないよね」

「ワイスピの件テレビだから仕方ないと思うんだが...カットされた所見たければDVD買うし...」


などと理解を示す声も少数ながら上がっている。

J-CASTニュース

「金曜ロードSHOW」をもっと詳しく

「金曜ロードSHOW」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ