新山千春、離婚トークで「元夫に気遣いできる女」アピール炸裂! 視聴者にウラを見透かされ批判集中

4月30日(木)20時0分 メンズサイゾー

 「元野球選手と離婚」という共通点のある新山千春(34)とスザンヌ(28)が、29日に放送されたお昼のトーク番組『ライオンのごきげんよう』(フジテレビ系)に出演。「シングルマザーはじめました!」と題してサイコロトークを繰り広げた。


 新山は現・埼玉西武ライオンズ2軍コーチの黒田哲史(40)と昨年12月に離婚、スザンヌは今年3月に現・野球解説者の斉藤和巳(37)と離婚した。似たような境遇であるはずの二人だが、なぜかネット上では新山に批判が集中。一方のスザンヌは離婚をきっかけに評価を爆アゲしたことで知られているが、その差はどこにあったのだろうか。


 「アレってどうしてます?」というトークテーマでは、新山がスザンヌに前夫との結婚指輪や写真をどうしているかと質問。スザンヌは「処分に困っている」と率直な気持ちを語った。


 一方、新山は驚きの気遣いエピソードを披露。結婚中に住んでいた家に今も元夫が暮らしているという状況を説明したうえで「(元夫に)新しい彼女や友達が来たときのために家の中の『新山千春の痕跡』を消しておく」といい、花柄を基調にしていたトイレをシンプルなブルーに変えたり、自分が写っている写真を集めて「新しい恋人が来たら隠すんだよ」と付箋を貼っておくなど徹底的に自分の痕跡を消すよう努めたという。


 新山は何度も「新しい彼女ができたら申し訳ないから」「ケアしてあげたかった」などと語り、離婚しても元夫の立場を気遣っていることをアピールした。


 「離婚して学んだこと」というテーマでは、スザンヌが「"ありがとう"とか"ごめんね"とか、そういう言葉を口に出して言っておけば良かった」と後悔を吐露。新山は今年4月に娘を連れて西武の試合を観戦したエピソードを披露しつつ、その時に「関係者に気を使わせてしまった」と反省した。また、新山は元夫から「今度結婚する時は頑張り過ぎないようにしなさい」と言われたことも明かしている。


 この一連のトークに対して、ネット上では以下のような新山批判のコメントが続出した。


「新山千春は言葉に裏を感じる...スザンヌみたいに素直に話せばいいのに」
「テレビで『元夫に気遣いできる女』って言うくらいなら離婚するなよ」
「子ども小学生でしょ? 母親が離婚のことネタにしてるのって嫌だと思うよ」
「離婚したけど私はいい奥さんでした、ってアピールにしか見えない」
「そんな話まで持ち出してテレビに出たいのか」


 どうやら、別れた後も元夫を気遣っているというエピソードを自ら披露したことに不信感を抱いた人が多かった様子。確かに、本当にそれほど思いやりがあったなら別れる必要がないように思えるが...。


「スザンヌは離婚会見はもちろん、オフレコでも元夫の斉藤を悪口を全く言わなかった。斉藤は素行や女グセの悪さで有名ですから、相手の糾弾して自分が悲劇のヒロインになることも可能でしたが、口をつぐんだことでドロドロ離婚のイメージがなくなり、好感度が急上昇しました。おそらく、新山もスザンヌを真似てイメージアップしようとしているのでしょう。しかし、新山の場合はアピールが強すぎるために視聴者に見透かされ、ウラがあるのがバレバレになってしまっている」(芸能関係者)


 離婚した当時、新山は「仕事の都合上すれ違いが多く家族の時間を十分持てなくなった」「娘を第一に考えた結果」という理由を挙げていた。だが、これにもウラがあると指摘されている。


「世間では新山が華やかな現役選手から地味な2軍コーチになった黒田氏を捨てたと疑われていましたが、実際は全くの逆。結婚中、新山はヘアメイクアーティストとのお泊り愛や若手俳優とのデートを週刊誌にスッパ抜かれ、夜遊びも激しかった。それにガマンできなくなった黒田氏が離婚を切り出したんです。といっても、黒田氏も家を留守がちにしていたことに責任を感じていたため、表面上は円満な離婚になったようです。そんな経緯があったのに『娘のため』と子どもをダシにし、別れてからも堂々と『気遣いできる女』アピールをするのですから、それを見透かした視聴者の反感を買っても仕方ない」(前同)


 スザンヌの後に続く作戦だったようだが、残念ながら逆効果になってしまったようだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「新山千春」のニュース

BIGLOBE
トップへ