お騒がせキャラのE-girls・Ami、ソロデビュー決定も不安材料の数々

4月30日(木)22時0分 メンズサイゾー

 29日に行われたE-girlsの全国ツアーライブで、中心メンバーのAmi(26)が今年の夏にソロデビューすることが発表された。


 『E-girls LIVE TOUR 2015"COLORFUL WORLD"』と題されたツアーは、E-girls単独としては2回目のもので、4都市7公演を行い、延べ9万人を動員した。その千秋楽のアンコール時にステージ上の大型モニターで「Ami 今夏ソロデビュー決定!」の発表がされると、観客からは大きな拍手と声援が巻き起こった。Ami本人も、このサプライズ発表には「まさかすぎて自分でもびっくりしている」と目を丸くして驚いた表情を見せていたが、意気込みを語り、多くのファンからも祝福されていた。EXILEの妹分としてダンスパフォーマンスに定評があり、今回のツアーの成功や2年連続でNHKの『紅白歌合戦出場』に出場するなど、今後の飛躍が期待される同グループに、Amiのソロデビューはさらに勢いを与えてくれそうだ。


 しかし、グループの中でもっとも知名度が高いAmiとはいえ、そのソロ活動には不安材料もある。


 たとえば、先月放送された中居正広(42)がMCを務める歌番組『UTAGE!』(TBS系)で、彼女はJUDY AND MARYの名曲『Over Drive』を披露したが、その出来栄えはお世辞にも素晴らしいとはいえないものだった。そのことを中居から指摘されると、「(練習は)さっき楽屋でしました」と言い、「一回も成功していない」と笑いながら打ち明けるという態度に。あっけらかんと話す姿には共演者も呆れ顔で、香取慎吾(38)は「成功したことないものを本番で披露するんじゃないよ」とポツリ。中居も「ナメてんのか!」と一喝し、視聴者からも「がっかりした」「こんなことしてたら、すぐに仕事なくなるよ」などの意見が寄せられた。


 バラエティ番組などでも活躍するAmiにすれば、忙しさのあまりに練習の時間さえ捻出できなかっただけなのかもしれない。しかし、アーティストとしての本業であるはずの"歌"がおろそかになってしまえば、芸能活動の背骨と言える部分がもろくなることにもつながり、ほかの仕事にも支障をきたしかねない。


 また、先月放送された『逃走中〜誘惑の扉』(フジテレビ系)で賞金121万7400円を"自首"によって獲得したAmiには、ネットユーザーたちから厳しいコメントが寄せられていたりもする。同番組は、人気タレントが「逃走者」となり黒いスーツにサングラス姿の「ハンター」から制限時間まで逃げ切ることができるかどうかという、いわば大規模な鬼ごっこで、最後まで逃げ切ったプレイヤーには賞金が与えられ、あえて離脱(自首)することでも莫大な金額を手に入れることができるというシステムとなっている。


 それゆえ毎回のように、自首をしたタレントには「まったく面白くない」「ギャラも貰っているのに、なんで自首するんだ」などのコメントがネット上にあふれ、"炎上状態"となるのが名物にもなっている。Amiもまた「自首するやつはクソ面白くないヤツだと思っていたけど、やっぱり恐怖には耐えられない」と言って、あっさりと多額の賞金を手に入れることを選択し、視聴者から大ブーイングを受けることに。この日の放送には子役の本田望結(10)も出演して必死になって逃げまわっていたが、その健気な姿がAmiの行動をより一層際立たせてしまい、「不愉快です」「性格悪すぎ」といった感想が寄せられてしまった。


「Amiさんは何かと空気が読めないとバッシングされることも多いですが、裏を返せばそれだけ露出している証ともいえます。彼女がバラエティに出演することで、E-girlsの知名度は自然と上がりますから、たとえ視聴者から反感を買ったとしても、その貢献度は計り知れないものがある。ぶっちゃけた発言を堂々とするため、アンチも多いタイプですが、それも彼女の個性であり、当然ながら熱狂的なファンもいます。それが、今回のソロ決定を後押ししたことは間違いないでしょうしね。


 『性格悪すぎ』と言われることに関しては、単純に自分の感情に素直なだけかと(笑)。普通のタレントは視聴者を気にするあまり、そういった部分を隠すものですし、きちんと計算してキャラを維持するもの。しかしAmiさんは少し違うタイプのようですね。このキャラ自体を芸能界が欲しているからこそ、さまざまな番組に呼ばれるわけで、視聴者の好き嫌いを別にすれば、本人に非はない。縦の関係がきっちりしていることで知られるEXILEからも礼儀などは仕込まれているでしょうし、なによりレギュラー出演している『バイキング』(フジテレビ系)の作法やマナーを学ぶコーナーを見るに、勉強熱心な部分も見受けられます。まぁ、だからこそ、『UTAGE!』での歌をおろそかにしたような場面は見たくなかったわけですが...。ソロになることで、本人の意識が変われば、面白いタレントになると思います」(芸能ライター)


 グループの先頭に立つAmiは、今後もさまざまな話題を振りまきながら、トレードマークの真っ白な歯を輝かせることだろう。しかし、ソロ活動が不調となってしまえば、そのほかのメンバーが後に続くことはなかなか難しい。今年の夏はグループにとって大きなターニングポイントとなりそうだ。
(文=kamei)

メンズサイゾー

E-girlsをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ