謎の死を遂げた『平成の偉大なアーティスト』たち...

4月30日(火)11時0分 まいじつ


(C)Creativa Images / Shutterstock



事故? 自殺? 本人しか分からない最期の瞬間。現在もなお、推測が飛び交う平成を代表する3人のアーティストの不審死を紹介する。


【関連】『Mステ』でZARD・坂井泉水の復活ライブに「冒涜」「怖い」と批判 ほか


尾崎豊

『15の夜』『I LOVE YOU』など、反支配、葛藤や心の叫びの歌で一躍若者のカリスマ的存在になった尾崎さんは、平成4年(1992年)4月25日の朝6時ごろ、自宅から約500メートル離れた民家の庭で、全裸の状態で住人に発見された。不審なことに「尾崎は死の直前、持っていたバッグの中身をぶちまけ、民家のブロック塀に何度も頭を打ち付けていた」という目撃証言も上がった。


司法解剖の結果、死因は肺水腫。さらに、致死量を超える覚醒剤を摂取していたことが発覚し、中毒症状が見られたという。享年26という若さだった。


「この時期、連日深夜にまで及ぶレコーディングや、10代のころとは違う自分への戸惑いを感じて過ごしていたようです。そこで不運にも、最愛の母が亡くなってしまいます。かなり重いストレスで、極限状態まで追い詰められていたことでしょう。尾崎さんの死は、自殺や病死など、さまざまな憶測が飛び交っています」(芸能記者)



事故?自殺?謎の残る最期


《HIDE》

『X JAPAN』のギタリストで、ソロアーティストとしても大活躍。33歳のとき急逝した。献花の列はおよそ2キロにまで伸び、その圧倒的な存在感は死後20年たつ現在もファンを魅了し続けている。


平成10年(1998年)5月2日、HIDEさんの同居人が帰宅すると、ドアノブに掛けたタオルで首を吊り、呼吸停止した状態で発見された。当初は自殺と報じられたが、近年では酒に酔ったままタオルで肩や首を伸ばして肩コリをほぐそうとしていたところ、そのまま寝てしまったために起きた事故ではないかとの見方が強まっている。


「死の直前は、『hide with Spread Beaver』名義でソロ活動を行い、『X JAPAN』に迫るセールスを記録していました。自殺説が多く飛び交った原因は、死の直前に収録された楽曲『ピンクスパイダー』の歌詞やMVが、自殺を示唆しているともいわれたからです。しかしそれはこじつけのような推測で、歌詞には〝失敗から立ち上がる〟という前向きなメッセージがあるのは明らかですね」(音楽誌ライター)


また、2018年3月30放送『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)にメンバーで親友でもあるYOSHIKIが出演した際、「僕の100倍理にかなってる人。絶対に自殺じゃない」と自殺説を否定している。


坂井泉水

『負けないで』『揺れる想い』など勇気づけられる楽曲で人気を集めた『ZARD』のボーカリスト。享年40。


平成19年(2007年)5月27日の朝6時ごろ、がん治療のため入院していた病院内のスロープから3メートル下に転落し、駐車場で倒れているところを通行人に発見された。懸命な処置も空しく、後頭部強打による脳挫傷のため亡くなった。


「所属事務所は、朝の散歩中に足を滑らせたための事故死と見解を示しました。しかし、身長165センチの坂井さんが、高さ1.2メートルのスロープの手すりを超えて落ちるのは不自然だとする指摘が多く上がっています。自ら〝スロープを乗り越えた〟という説が強まっています」(同・ライター)


令和になっても、偉大なアーティストたちは語り継がれていくだろう。



まいじつ

「尾崎豊」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「尾崎豊」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ