金爆がインディーズ史上初快挙、シングル・アルバム共に初登場1位。

4月30日(火)4時0分 ナリナリドットコム

4月24日発売に発売された4人組ビジュアル系エアバンド・ゴールデンボンバーのニューアルバム「ザ・パスト・マスターズvol.1」が、発売初週で11.4万枚を売り上げ、5月6日付けのオリコン週間アルバムランキング(集計期間:4月22日〜28日)で初登場首位を獲得したことがわかった。

2008年5月のデビュー以来、アルバムは「ゴールデン・アルバム」(昨年1月発売)の2位が最高位で、首位は今回が初めて。シングルを含めると首位は、今年元日発売の「Dance My Generation」に続き2作連続(通算2作目)となった。

オリコンが1970年1月にアルバムランキングの発表を開始して以来、インディーズでシングル・アルバムの両ランキングを制覇したのは、アルバム「MESSAGE」(2001年9月発売)とシングル「ヨロコビノウタ」(2003年12月発売)で達成のMONGOL800のみで、今回のゴールデンボンバーによる達成は9年4か月ぶり、史上2組目の快挙。シングル・アルバム両ランキングでの初登場首位は、前出のMONGOL800も成し得ていない、インディーズ史上初の記録(シングル「ヨロコビノウタ」は2週目で初首位)となった。

なお、インディーズによるアルバム首位は、2010年2月8日付け「Whistle」(2010年1月発売)で獲得したHY以来3年3か月ぶり。

今回の快挙についてボーカル・鬼龍院翔は「CDを御購入頂いた皆様ありがとうございます。1月のシングルに続きアルバムも初登場1位……ということで、事務所すげぇ!と改めて震撼しております。ええ!? ってかインディーズでシングル&アルバム共に初登場1位って史上初なんですか!? 今知りました……それはなんかとってもすごいことのように感じますね。しかし事務所の人に聞いたんですよ先日、発売週のタイミングを狙って決めるのが上手いって話をしたら、『比較的インディーズは大手のメジャーより発売週をギリギリまでずらし易いからね』と……。はわわわ。今回のこともまた、現代音楽シーンのメジャーとインディーズとは、を知るきっかけになってくれたら嬉しいです。音楽CD業界はもう10年前とは何もかも違うんです。『メジャー』という言葉の意味、感じかた、リスナーとミュージシャンの間でとてもズレがあります。僕たちが活動することによって音楽に対する偏見や幻想を少なくしていけたら嬉しいです。これからも頑張ります。あ、今回は握手会無しで1位だ……(泣嬉)」と喜びのコメントを寄せている。

本作「ザ・パスト・マスターズvol.1」は、ゴールデンボンバーのCDデビュー5周年を記念し発売されたアルバムで、今年1月14日付け週間シングルランキングで首位となった「Dance My Generation」や配信限定リリース曲「泣かないで」「ICE BOX」、ハウス食品「メガシャキ」のCMソング「眠たくて」、新曲「切ないほど」などの国内盤アルバム未収録の16曲を収録。

なお、今作ではメンバーがCMに登場するSoftBankとのコラボが実現。初回限定盤CのジャケットはSoftBankの広告となっており、人気キャラクターの白戸家のお父さんが登場していることでも話題となっている。

ナリナリドットコム

「金爆」をもっと詳しく

「金爆」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ