綾瀬はるかの父 娘と松坂桃李の交際について「見守ってる」

4月30日(木)7時0分 NEWSポストセブン

綾瀬はるかの父は松坂桃李との交際を温かく見守ると

写真を拡大

 毎年熾烈な争いが繰り広げられるスポーツ紙の元日スクープ。今年はなんといっても、日刊スポーツの《綾瀬はるか 松坂桃李 熱愛》だった。


 映画『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』の初共演をきっかけに交際がスタートしたと報じられた綾瀬はるか(30才)と松坂桃李(26才)。しかし双方の事務所が「友人のひとり」とすぐに熱愛を否定したこともあり、いつの間にか、この話はうやむやになっていた。そんななか、ふたりの知人からこんな証言を入手した。


「あのふたり、つきあってもう1年が経つんですよ。彼女が3月に30才になったこともあって、結婚の話をすることもあるみたい。でも、ふたりともまだまだ仕事を頑張りたいから、すぐにどうこうって話でもないみたいだけど。彼のほうは、“彼女の天然についていけないときもある”って、周りに話したりもしてるんだけど、なんか、もう、それさえもノロケてる感じ」


 そして女性セブンは、4月中旬のとある週末、決定的瞬間を目撃した。その夜10時頃、松坂が自宅マンションから出てきた。薄手のロングコートに、ニット帽を目深に被った松坂は大通りでタクシーを拾い乗り込んだ。発車させてまもなく、綾瀬のマンションへまっすぐ続く路地に入る。そのまま一度は裏口につけようとしたが、停車することなく、ぐるりと綾瀬のマンションの周りを回って正面エントランスへ。


 しかしこのとき本誌の追っかけに気づいた松坂は、そのままタクシーから降りることなく、再び自宅マンションへと引き返す。しかし、警戒はゆるむことなく、自宅マンションをぐるりと一周。それでも松坂はタクシーから降りることなく目黒方面へとタクシーを走らせた。一方の綾瀬は、この追跡劇の直後、夜11時過ぎに車で帰宅した。


 綾瀬の所属事務所に話を聞くと、「友人ですよ」とのことだった。


「綾瀬はるかと彼女の両親と松坂桃李が食事会をしていた」──4月に入って、女性セブンはそんな情報をつかんだ。食事会が開かれたというのは、綾瀬の実家がある広島市内の郷土料理店。すぐに現場に向かって聞き込みをするも、確たる証言は得られなかった。そこで、綾瀬の父親に話を聞いた。


──桃李さんとお嬢さんとお父様たちが食事をされたと伺ったのですが?

「え?(松坂が)広島に来たってこと? いやいやいや。ごめんなさい。まったくそれはあり得ません」


──では今はおふたりの交際を温かく見守ってる?

「あぁ、それはまあそうですね」


 そう言って顔をほころばせた綾瀬の父。しかし、その後、奥歯に物がはさまったような物言いでこう続けた。


「ようわからんですよ、正直なところ。本人らの問題で。まあ、秘めたる何かがあるかもわからんですが。すみません、そのぐらいしか私わからんので」


 綾瀬の父は、松坂との食事会はきっぱり否定したものの、交際の話になると終始嬉しそうな表情を浮かべていた。


※女性セブン2015年5月14・21日号

NEWSポストセブン

「綾瀬はるか」のニュース

BIGLOBE
トップへ