増える「不謹慎狩り」 炎上は0.1%のクレーマーによるもの

4月30日(土)16時0分 NEWSポストセブン

インスタの写真が批判を浴び削除した長澤まさみ

写真を拡大

 熊本地震後、芸能人など知名度のある人のSNSを見て回り、「不謹慎だ!」と注意する、いわゆる「不謹慎狩り」が増えている。


 長澤まさみ(28才)は14日夜、女優のりょう(43才)らと一緒に撮った笑顔の写真をインスタグラムに投稿。普段であれば何気ないショットなのだが、批判的な書き込みが寄せられて写真を削除した。福岡出身の西内まりや(22才)もツイッターで応援メッセージや情報提供を繰り返したが、自撮り画像付きのツイートが「不謹慎」と指摘されて、投稿の一部を削除している。


 井上晴美(41才)は熊本の自宅が全壊。悲惨な被災状況をブログで綴っていたら、《愚痴りたいのはお前だけじゃない》などという誹謗中傷が多数書き込まれ、ブログの更新はストップした。コラムニストの小田嶋隆氏が言う。


「芸能人など、社会的に目立つ人の足を引っ張ろうとする人は最近になって出てきたわけではありません。昔から成功者や能力の高い人のことを妬み、コソコソと悪口を言っている人はいました。そういう未熟な人たちが、ネットの匿名性の中で力を持ってきたのが、今の社会なのです。


 ベッキーさんの不倫騒動も、あれほどネットで大きく叩かれたのは、彼女自身が人気者で、清廉な人のように振る舞っていたことに原因がある。彼女のような成功者を、ネットを使って倒そうというのを娯楽としてやっているように感じます。総じて、芸能人はそうした攻撃の対象になりやすいのです」


 評判を気にする芸能人は批判に弱い。炎上するとすぐに謝罪をして、“自粛”に入る。そのことがさらに社会全体に暗いムードをもたらすことになる。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が指摘する。


「売名批判や不謹慎狩りでネットが“炎上”すると、世の中の大半の人がそうした意見なのかと思いがちですが、実はほんの一部の意見でしかないことが多い。実際には1000人に1人のネットユーザーがクレームをしつこく書き込むだけで、“炎上”状態になってしまうという研究があります。叩かれる側が過度に気にすることはないのですが、芸能人も所属事務所も過敏になっているのが現状です」


 たった0.1%の人のクレームで炎上する—批判的な内容を書き込んだネットユーザー自身は無自覚かもしれない。しかし、何気ない「え? それって売名?」、「今笑顔の写真はマズイでしょ」といったふとした「不寛容なつぶやき」が、炎上という現象を招き、社会全体に暗いムードをもたらしてしまうことがあるのは事実で、それがSNS時代の恐ろしさだ。一度、相手の立場に立てばわかるはずなのに、想像力が欠如しているのかもしれない。


 熊本地震の爪痕は深く、被災地は厳しい状況に置かれている。日本全体でほんの少しだけ寛容な気持ちを持つこと。それだけで不要な炎上をさけることができるのではないだろうか。


※女性セブン2016年5月12・19日号

NEWSポストセブン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

謹慎をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ