春ドラマの半数が事件解決モノ 視聴率上位独占はTV界の危機

4月30日(日)7時0分 NEWSポストセブン

『緊急取調室』は高視聴率を記録(公式HPより)

写真を拡大

 今クールのドラマのラインナップには決定的な特徴が見られる。それは“事件解決モノ”の多さだ。しかも、そのほとんどが高い視聴率を記録している。それはテレビ界にとって手放しで喜んでいい状況ではないばかりか、深刻な事態だという。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。


 * * *

 現在、月曜に『貴族探偵』(フジテレビ系)、火曜に『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)、水曜に『警視庁捜査一課9係』(テレビ朝日系)、木曜に『警視庁・捜査一課長』(テレビ朝日系)、『緊急取調室』(テレビ朝日系)、土曜に『4号警備』(NHK)、『犯罪症候群』(フジテレビ系)、日曜に『小さな巨人』(TBS系)、『櫻子さんの足元には死体が埋まっている』(フジテレビ系)が放送されています。


 これらはすべて事件解決モノであり、20〜23時台に放送されている春ドラマ全18作中9本を占めているのです。ちなみに前クールは4本だったほか、この2年間は2〜4本で推移し、これほど多いのは3年前の2014年春に7本が放送されて以来です。


◆初回視聴率トップ4を刑事ドラマが独占


 もともと春ドラマは、「新年度のスタート」という世間の空気を踏まえて、主人公が新たな仕事に挑む姿や、恋人との出会いを描いた物語が中心となっていました。なぜこの春は事件解決モノが多いのでしょうか?


 その理由は、「事件解決モノは、他のジャンルに比べてリアルタイム視聴が見込める」から。1話完結のフォーマットが多く、「内容がコンパクトでサクッと見られる」「何回か見逃しても問題ない」などの気軽さがあるため、他のジャンルよりも録画視聴される割合が少ないのです。


 一方、テレビマンから見た事件解決モノは、「安定した視聴率を稼げて、大コケの心配が少ない」手堅いコンテンツ。また、前クールの平均視聴率1位が『相棒』(テレビ朝日系)15.2%、3位が『科捜研の女』(テレビ朝日系)11.7%だったように、ヒットシリーズになる可能性を秘めているのも魅力です。


 さらに、春ドラマの初回視聴率は、1位『緊急取調室』17.9%、2位『警視庁・捜査一課長』14.5%、3位『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』13.9%、4位『小さな巨人』が13.7%と、上位4本を刑事ドラマが独占(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。さらに、6位『貴族探偵』11.8%、7位『警視庁捜査一課9係』11.5%が続くなど(5位『ボク運命の人です。』(日本テレビ系)12.0%)、ここまで事件解決モノが上位を占めたのは記憶にないほどのロケットスタートを切りました。


 しかし、この好結果はテレビ業界にとって、必ずしも歓迎すべきものではありません。それどころか、大きな危機がすぐそこまで押し寄せていることの裏返しなのです。


◆ジャンルの偏りはテレビのイメージダウンに


 先述したように、事件解決モノがこれほど集中したのは、異例中の異例。連ドラには、ラブストーリー、家族モノ、仕事モノ、学園モノ、ミステリー、サスペンス、ファンタジー、時代劇、その他さまざまな世界を描いた作品があり、多様性で視聴者を魅了してきました。


 それだけに、「安定した視聴率が獲れて大コケしないから、事件解決モノを大量に作る」というのはテレビ局の事情に過ぎず、視聴者は関係ありません。確かに事件解決モノは固定ファンの多いジャンルではありますが、中高年層が中心でアンチも存在し、「今期は事件解決ばかりで面白いドラマがない」という声も少なくないのです。それどころか、ここまで事件解決モノが偏ってしまうと、それが好きな人以外(特に若年層)は、ドラマやテレビそのものへのイメージダウンにつながり、ネットコンテンツなどに流れてかねません。


 昨秋からスタートした調査で、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)、『砂の塔〜知りすぎた隣人』(TBS系)、『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)、『A LIFE〜愛しき人〜』(TBS系)、『嘘の戦争』(フジテレビ系)の録画視聴率が2桁を超えました。いずれも事件解決モノではありません。


 これは「本当に面白いものほど、愛着のあるものほど、録画視聴する」という近年の傾向そのものであり、事件解決モノで録画視聴率が2桁を超えたものはゼロ。テレビ局が視聴率重視で事件解決モノを量産するほど、視聴者層を限定し、ドラマへの熱が失われていくというリスクを考えると、春ドラマは多すぎであり、最大3分の1程度が適正なラインではないでしょうか。


 もちろんテレビマンたちも、このことをまったく分かっていないわけではないでしょう。この2年間は事件解決モノを減らしてさまざまなジャンルのドラマを放送していましたし、今期の事件解決モノ9本も「視聴者から飽きられないように」と資金や人材を継ぎ込むなど努力の跡が見えます。


 最悪のシナリオは、このまま高視聴率が続いて、テレビ業界全体が「やっぱり事件解決モノがいい」と思いはじめてしまうこと。事件解決モノが視聴者から飽きられ、視聴率が稼げなくなってから「他のジャンルをもっと放送しよう」と切り替えても、他のエンタメコンテンツが充実し、プライベートが多様化している現在の世の中ではリカバーが難しいでしょう。


 事件解決モノの「大量投入」「視聴率上位独占」と、その陰に潜む深刻な危機。この春は放送中のドラマに期待するとして、夏以降は目先の視聴率にとらわれず、さまざまなジャンルの作品が見られることを願っています。



【木村隆志】

コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本前後のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

NEWSポストセブン

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ