他人事じゃない!極楽とんぼ加藤浩次がTOKIO山口に辛辣コメントする理由

5月1日(火)10時40分 アサジョ

 同じような経験をした立場だけにどうしても許せなかったようだ。

 強制わいせつ容疑で書類送検されたTOKIO山口達也についての話題がワイドショーで連日取り上げられている。

 同じTOKIOのメンバーでは、国分太一が自身がMCを務める「ビビット」(TBS系)の4月26日放送回で、涙を浮かべながら計6回頭を下げて謝罪した。リーダーの城島茂は28日の情報番組「週刊ニュースリーダー」において、「被害者の方、ご家族の方に対して謝罪の念があれば、戻ってきたいとかありえない」と断罪。松岡昌宏もプライベートで親交のある「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)のMC宮根誠司に、「山口のやったことは絶対に許されることではない。宮根さん、山口に対してもTOKIOにしても絶対にフォローするようなことを言わないでください。厳しいことを言ってください」と連絡を入れていたという。

 TOKIOメンバー以外にも、著名人たちからの厳しいコメントが続いているが、情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)でMCを務める極楽とんぼ・加藤浩次のコメントが説得力あると注目を集めた。

 加藤は同番組26日放送回で、「いい子というイメージがあった」と自身の山口へのイメージを明かしつつも、騒動を起こしたことについては「今回のこれはダメ。どんだけメンバーに迷惑かけんの。自分一人でやってる仕事じゃないからね。TOKIOという看板を背負っているわけだから。あまりにダメな行動だと僕は思いますけどね」と辛辣な言葉を投げかけた。

 この加藤のコメントに対して、ネット上では「加藤が話すと重みがある」「加藤はメンバーの気持ちが分かるだろうな」「加藤も山本の件があったから他人事には思えないだろう」といった声が上がっている。

「加藤も『スッキリ』の放送がスタートしてわずか3カ月後に相方の山本圭壱の未成年女性との淫行騒動が発覚、番組冒頭で号泣謝罪をした過去があります。そんな加藤だからこそ、国分らの謝罪を見ていると、かつての自分が重なって辛かったのでしょう。その人間性から幅広い層から愛され、メンバー間の結束も強いTOKIOのことわかっているだけに、加藤は余計に胸を痛め、心の底から厳しい言葉が出たのではないか」(エンタメ誌ライター)

 加藤は山本が芸能界復帰後にレギュラー出演していたバラエティ番組「めちゃ×2イケてるッ!」(フジテレビ系)内で、山本にブチ切れたうえで、改めて謝罪をしていたが、TOKIOメンバーが今後の山口に対してどのような対応を見せるのかも注目だ。

(権田力也)

アサジョ

「TOKIO」をもっと詳しく

「TOKIO」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ