大野智、最強の忍びが涙… 鈴木亮平との超絶バトルも『忍びの国』予告第2弾

5月1日(月)17時30分 シネマカフェ

『忍びの国』(C)2017 映画『忍びの国』製作委員会

写真を拡大

「嵐」の大野智が伊賀最強の忍びを演じる、和田竜・原作の『忍びの国』。このほど、史実である天正伊賀の乱を題材にした本作から、第1弾とはまたひと味違う、“忍び対侍”の緊迫アクションや、大野さん演じる忍び・無門が涙を見せる予告映像第2弾と新たな場面写真が解禁となった。

時は戦国。織田信長は諸国を次々と滅ぼし、天下統一に向けひた走っていた。しかし、ただ一国だけ手出しすることを禁じた国があった。それは、伊賀・忍び軍団——。彼らは己の超人的能力を駆使し、戦場では金のためだけに人を殺める戦闘兵器。人を人とも思わぬ、人でなし。虎狼(ころう)の族(やから)と呼ばれていた。

そんな忍びの一人、無門は伊賀一の腕を誇るも無類の怠け者。女房のお国に稼ぎのなさを詰め寄られる日々を過ごしていた。天正七年九月、信長の次男・織田信雄は、父の命に背き、伊賀に攻め込む決意をする。かつての主君を裏切り。信雄の家臣になった日置大膳、無門に弟を殺され伊賀への復讐を誓う忍びの下山平兵衛。それに対する、伊賀十二評定の重鎮・百地三太夫と下山甲斐、そして忍びたち…。さまざまな人間たちの思惑が入り乱れ、知略謀略が張り巡らされた末、織田軍と伊賀忍び軍団は、壮絶な大合戦に突き進んでいく——。

実写映画化もされた「のぼうの城」、2014年本屋大賞の「村上海賊の娘」など、常にその圧倒的なスケールと緻密な人物描写で読者を戦国の世界へ誘う作品を発表する和田竜の原作を実写映画化。メガホンをとるのは、『殿、利息でござる!』でも軽妙な時代劇描写が光ったトップクリエイター、中村義洋監督。

主人公・無門を演じるのは、『映画 怪物くん』以来となる中村監督との再タッグで時代劇映画初主演となる大野さん。今回彼が演じる無門は、普段は“金の亡者”で“無類の怠け者”だが、“伊賀最強”の忍び。史実・天正伊賀の乱を題材に織田軍と伊賀忍びとの合戦をダイナミックに描く本作で、その切れ味鋭いダンスでも証明されている高い身体能力を駆使して本格的なアクションにも初挑戦する。

そしてこの度、待望の第2弾予告映像が解禁。大野さん演じる伊賀最強の忍び・無門をはじめとする“忍び対侍”のワイヤーを使った軽妙な格闘シーンや、天下統一を目前にした織田軍との決戦シーンなど、鳥肌ものアクションシーンが満載。無門の妻・お国を演じる石原さとみ、織田信雄役の知念侑李、その家臣・日置大膳役の伊勢谷友介らの姿も見逃せない。下山平兵衛役の鈴木亮平とのスピード感あふれるバトルに加え、ラストには「必ず助けてやるからな」というセリフと涙を流す大野さんの姿が印象的な映像となっている。

次々と情報が解禁され、豪華キャスト陣による極上の演技合戦・アクション対決に期待が高まる本作。今回解禁となった予告映像は、全国の東宝系劇場にて目にすることができる。

『忍びの国』は7月1日(土)より全国東宝系にて公開。

シネマカフェ

「忍びの国」をもっと詳しく

「忍びの国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ