舞台『K』最新作が東京・京都にて上演決定!八田美咲、伏見猿比古のスピンオフ作品に!

5月1日(日)7時23分 キャラペディア

(C)GoRA・GoHands/k-project (C)GoRA・GoHands/stage k-project

写真を拡大

2014年8月と2015年8月にそれぞれ初演・第二章として上演され、TVアニメ第1期放送の内容を描き、大好評を得て幕を閉じた舞台『K』の最新作の上演が決定した。

今回、舞台化されるのは、主要キャラクターである八田美咲、伏見猿比古の2名にフィーチャーしたスピンオフ作品、『K-Lost Small World-』。原作でも特に人気の高いこの2名のキャラクターを演じるのは、前作から続投する植田圭輔と安西慎太郎によるダブル主演。今回から初となるキャラクターも登場する。他キャストは後日発表予定との事。

■公演概要

タイトル:舞台『K-Lost Small World-』
原作:GoRA×GoHands
   K-Lost Small World-原作:壁井ユカコ(GoRA)
脚本・演出:末満健一
出演:八田美咲役/植田圭輔  伏見猿比古役/安西慎太郎  他
劇場:AiiA 2.5 Theater Tokyo(渋谷区神南2-1-1 国立代々木競技場 渋谷プラザ)
   京都劇場(京都市下京区烏丸通塩小路下る 京都駅ビル内)
公演日程:東京/2016年7月22日(金)〜24日(日) 京都/7月30日(土)〜31(日)

(C)GoRA・GoHands/k-project (C)GoRA・GoHands/stage k-project

キャラペディア

舞台をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ