『DRAGON CHEF2021』精鋭シェフ16名の農園料理バトル後半戦! 脱落するのは誰!?

5月1日(土)17時30分 ラフ&ピース ニュースマガジン

5月1日(土)深夜0時5分〜0時35分(関西ローカル)放送の『DRAGON CHEF2021』でサバイバルラウンドに進出した16名が畑で収穫した野菜を使い、独創的な料理を作り上げる“農園バトル”の後半戦が放送されます!


サバイバルラウンドスタート!


出典: ©DRAGON CHEF 2021


夢と情熱を持った40歳未満のシェフたちが龍のごとく駆け上がる、若手料理人No.1決定戦『DRAGONCHEF2021』。エリア予選を勝ち抜いた16名の若き料理人たちが、総監督・須賀洋介シェフが出す課題に挑み、負けた料理人は脱落していくサバイバルラウンドがスタートしています。


スタジオで通過者12名を発表!


出典: ©DRAGON CHEF 2021


二回目の放送となる5月1日(土)は、サバイバルラウンドに進出した精鋭シェフ16名が、畑で自ら収穫した野菜を使い、独創的な料理を作り上げる“農園バトル”の後半戦です。


ファイナリスト最年少の24歳女性シェフ・“料理界のあいみょん”こと徳永未奈子、ITベンチャーで働くイタリアンクイーン・野崎翠、博多の破天荒ミシュランシェフ・山下泰史らが自信の一皿をプレゼンし、試食した須賀総監督の評価を受けます。


そして2週間後、農園バトルを戦った16名の料理人が「DRAGONCHEF」のスタジオに勢ぞろい。MC山里も「深夜番組とは思えない!」と驚く豪華セットの中で、須賀総監督から農園バトルの審査結果が1位から順に発表されます。


出典: ©DRAGON CHEF 2021


農園バトルについて「皆さん個性的で非常にレベルが高かった」と振り返る須賀総監督。山里も「須賀さんが相当悩まれている姿を見ていたので、一体どういう結果になっているのか我々も楽しみ」と期待を募らせますが、ここで16名のうち4名が脱落します。はたして生き残るのは誰なのでしょうか?


ライバルを食い合う壮絶な戦い!


ゲスト審査員の森泉が「今日は美味しいものを食べに来ただけなんだけど、何かピリピリしてるよね」と話すと、山里は「皆さんの人生がかかってますから。人生をかけた料理を食べられる機会ってそんなにないですから!」と応じます。
12名のシェフたちも「これだけ豪華なセットの中で料理が作れるということでワクワクしてます」、「負けないです」、「もちろん目指すのはトップです!」と気合い十分。


ここからのバトルを繰り広げるのは、12名の中の3名。毎回最下位のシェフが戦いたい相手を2人指名し、その3名で須賀総監督から発表されるテーマに沿った料理をつくります。そして3名の中で最も成績の悪かったシェフが脱落。現時点で12名いるシェフは毎週1人ずついなくなっていきます。しかもこのバトルでは、残った2名は成績順に、3人の元の順位枠に入ることができます。
上位者を指名して勝ち残れば、一気に順位を上げることができる下剋上システム。


「指名するってことは、こいつには勝てるっていう宣言でもありますから。指名する方も、受けて立つ方も、とんでもない緊張感」と見守る山里。はたして最下位(=12位)シェフは、対戦相手に誰を指名するのでしょうか? そして須賀総監督から発表される今回のテーマ食材は……!?


出典: ©DRAGON CHEF 2021


『DRAGON CHEF 2021』は、夢と情熱を持った40歳未満のシェフたちが、優勝賞金1000万円とNo.1の称号を目指して龍のごとく駆け上がる“料理人の「M-1グランプリ」”。サバイバルラウンドは計10回にわたって放送されます。
そのすべてに勝ち残った料理人だけが次なるステージへ、さらに勝ち進めば決勝ラウンドへと進出できます。決勝ラウンドは、今夏、ABCテレビ・テレビ朝日系列にて全国ネット放送予定です。


ぜひチェックしてみてくださいね。


サバイバルラウンド進出シェフ
北海道・東北:本田孝幸(福島)、下國伸(北海道)
関東・甲信越:野崎翠(東京)、髙木祐輔(東京)、井上豪希(東京)、ポンポコ団キング(東京)
東海・北陸:大野嬉々(三重)、佐藤翔太(石川)
近畿:三島伴博(大阪)、花田洋平(大阪)、中井建(大阪)、中川寛大(京都)
中国・四国:井原尚徳(高知)、三和慎吾(山口)
九州・沖縄:山下泰史(福岡)、徳永未奈子(宮崎)

ラフ&ピース ニュースマガジン

「料理」をもっと詳しく

「料理」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ