フジテレビの山崎夕貴アナが錦織圭を逆ナン!? とんねるず・石橋も呆れる破天荒キャラ

5月1日(金)17時0分 メンズサイゾー

 4月30日放送の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)に山崎(本来の表記は「たつざき」)夕貴アナウンサー(27)が出演し、人気企画「きたなトラン」のアシスタントを務めた。


 料理にばかりこだわるあまり、外観や内装に気をつかわなくなってしまった「きたないけど美味い店」を紹介する同コーナー。番組ではこれまでに146軒の店を訪ね、すでに関東近郊の「きたなトラン」は行きつくしたとされていたことから約1年ぶりの放送となった。


 番組冒頭では、その久しぶりだという話の流れから、山崎ととんねるずの共演も昨年のクリスマスに放送された「食わず嫌い王決定戦」以来だとトークを展開。そして、思い出したかのように石橋貴明(53)が「大問題になったという...」と漏らすと、その日共演したプロテニスプレーヤーの錦織圭選手(25)に対し、山崎が電話番号を聞こうとしたことが暴露された。


 昨年の12月25日に放送された同番組の「食わず嫌い〜」に出演した山崎は、対戦相手として登場した錦織に「今日はチャンスを狙っています」と宣言し、「好みの人はどんな女性ですか?」「私とかどうですか?」「年上は?」などと猛アタックを繰り返していた。容赦ないアピールに錦織は終始苦笑いで、スタジオでは爆笑を生んだが、どうやら山崎はかなり本気で狙っていたようだ。今回、錦織に直接電話番号を聞こうとしたことを暴露された山崎だが、「でも教えてもらえなかったんです」と笑顔で応えながらも悔しそうに白状した。


 さらに山崎は木梨憲武(53)から「森山直太朗とどっちが好きなの?」と話を振られると、困ったような表情を浮かべ、なぜかひとりで照れ笑い。まるで錦織と森山を天秤にかけているような態度の山崎には、石橋も呆れ顔でジッと見つめるしかなかった。


 その後も山崎はアシスタントとは思えない言動を繰り返す。その存在感はゲストとして登場した女優の相武紗季(29)を圧倒するもので、誰よりも番組を盛り上げることとなった。


 一軒目で訪れた都内の焼き鳥屋では、誰よりも早く「レバー食べたい〜」と手を上げた山崎だが、進行役のバナナマン・設楽統(42)から「山崎さんは最初に頼んじゃいけない人です」とたしなめられる。さらに石橋と相武がトークしている中で、いきなり「私、ビールもらっていいですか?」と注文するなどやりたい放題でアシスタント業務はそっちのけ。ビールが運ばれてくると、喉を鳴らしながら豪快にグラスを傾け、出演者全員からツッコまれていた。


 グルメ番組の体裁も取るこの企画は、当然ながら料理の紹介などは何よりも優先されるものだが、山崎はカメラを無視して箸を運び、何度も「まだ撮ってないじゃん」「進行を無視するな」と設楽に注意されることに。2軒目に訪れた店では、オーナーの子どもがカメラの前に現れ「いらっしゃいませ」と可愛く挨拶すると、山崎は突然「これあげる〜」と言って一万円を取り出すというボケまで披露して、出演者から「いい加減にしろ!」と怒声に近いツッコミを受けるのだった。


「アナウンススキルも高いと評判の山崎さんですが、最近では芸人がイジりやすい女子アナとしてもバラエティで活躍しています。やはり2012年から設楽さんと共にMCを担当している朝の情報番組『ノンストップ!』で相当鍛えられているのでしょう。芸人の中でも屈指のS気質の持ち主として知られる設楽さんに毎日のようにイジられているわけですから、自然と間のとりかたやリアクションを学んでいるハズ。もちろん、今回の放送は制作サイドからの指示があってのキャラ設定でしょうが、それを見事にこなしてしまうところにはバラエティ能力の高さを感じますね」(芸能ライター)


 番組中には石橋から「あんまりしゃしゃり出るな」とも言われていた山崎。しかし、その石橋の顔には"もっとやっていいんだぞ"と書いているようでもあった。破天荒アナとして芸人からイジられる山崎の露出は今後増えることになりそうだ。
(文=愉快)

メンズサイゾー

錦織圭をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ