アルバム売り上げ不振の浜崎あゆみ、アジア諸国ではまだまだ人気!

5月1日(金)22時45分 メンズサイゾー

 4月8日にリリースされた浜崎あゆみ(36)の最新アルバム『A ONE』(avex trax)。同作は彼女のデビュー17周年記念日に発売されたものの、オリコン週間チャートでは初登場4位と苦戦を強いられ、さほど話題にもならなかった。


 しかし、17日に台湾での発売が開始されるや否や、台湾のJ-POPやK-POPチャート、台湾版Amazonとして知られるショッピングサイト「博客来(ボーカーライ)」の売り上げランキングで1位を獲得。さらには、香港、インドネシア、シンガポールなどアジア各国のiTunesアルバムチャートでも1位に輝いた。近年、ルックスの劣化や歌唱力の低下などマイナス面ばかりが取りざたされ、新曲をリリースしてもかつてのようなヒットを記録することはなくなっていた浜崎だが、日本以外のアジア圏ではまだまだ人気のようだ。


 ただ、彼女の国外での人気はいまに始まったことではない。かねてからYouTube上の彼女の公式動画には海外のファンからのコメントが多く寄せられているし、また今年2月には、台湾で絶大な人気を誇っているシンガポール出身のシンガーソングライター・JJ Linの台北アリーナ公演にサプライズゲストとして登場し、ファンから大歓声を浴びた。また、JJ Linと浜崎は『A ONE』の収録曲である「The GIFT」でコラボしており、台湾をはじめとするアジア圏のファンの間で大きな話題となった。


「浜崎さんの海外での活躍にネット上では『海外に逃げても意味ないのに』といった否定的な意見もありますが、一方で『日本でもあれだけ売れて、海外でも売れるってすごい』『海外で日本人が評価されるのはうれしい』との声も聞かれています。元々、台湾では日本のアーティストが人気ですし、浜崎だけでなく安室奈美恵(37)や倖田來未(32)、西野カナ(26)らも台湾でライブを行い、毎回大いに盛り上がっています。ただ、アジア諸国は日本に比べると音楽マーケットの規模がまだまだ小さいので、そちらに活動の拠点を移すというのは危険かもしれませんが、日本での活動とうまくバランスをとって活動する分には何ら問題ないと思います。


 日本ではどうしても浜崎さんがオリコンチャートで常に1位を飾っていた頃の印象が強いので、順位を落としている現在はすぐに批判めいた声が聞かれます。そうしたしがらみの少ない海外での活動なら、彼女に余計なプレッシャーがかかることもなく自由に音楽が作れるかもしれませんね。一世を風靡した頃の勢いはすでにないのかもしれませんが、それでも継続的に歌手活動を行い、いまでもさまざまな試みに挑戦している姿に、彼女のアーティスト魂が感じられます。仮に今売れている人も、またその逆であっても、すべてのアーティストが分かっていることは、『継続していくことの難しさ』ですからね」(音楽ライター)


 現在、7月まで開催される全国アリーナツアー『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2015 A Cirque de Minuit 〜真夜中のサーカス〜』の真っ最中である浜崎。今後の彼女のグローバルな活躍に注目したい。
(文=サ乙)

メンズサイゾー

アルバムをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ