遠藤ミチロウ(元ザ・スターリン)、膵臓がんにより死去

5月1日(水)1時30分 OKMusic



元ザ・スターリンの遠藤ミチロウが4月25日に膵臓がんにより死去していたことが、オフィシャルTwitterにて発表された。68歳だった。

2018年8月中旬に体調不良により医師の診察を受け、入院および検査を受けたところ膵臓がんであることが判明。その後、手術を行ない、自宅療養中だった。葬儀は本人の意向により、すでに近親者のみで執り行われたとのこと。後日、音楽葬の実施が予定されている。

■遠藤ミチロウ オフィシャルTwitter
https://twitter.com/michiro60
■遠藤ミチロウ オフィシャルHP
http://www.apia-net.com/michiro/

【遠藤ミチロウオフィスより】

遠藤ミチロウは、昨年より膵臓癌を患い闘病を続けてまいりましたが、2019年4月25日に都内の病院にて永眠いたしました。

葬儀は本人の意向により近親者のみで執り行いました。後日、音楽葬を行う予定です。

生前のご厚誼を深謝し、謹んでご報告申し上げます。

OKMusic

「遠藤ミチロウ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「遠藤ミチロウ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ