近所のスーパーに時間差で来店も 綾瀬はるかと松坂桃李の今

5月1日(金)7時0分 NEWSポストセブン

松坂桃李との交際は順調? 綾瀬はるか

写真を拡大

 今年の元日、日刊スポーツが報じた綾瀬はるか(30才)と松坂桃李(26才)の交際。双方の事務所が「友人のひとり」と否定したこともあり、続報は尻つぼみ状態となった。いまふたりはどうなっているのだろうか。


 2013年秋、綾瀬はNHK大河ドラマ『八重の桜』のクランクアップから3週間後、フランス・パリへ渡った。松坂と初共演となった映画『万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-』の撮影のためだ。初対面の印象を、綾瀬と松坂は雑誌の対談でこう語っていた。


《意外と人見知りなかただなって。テレビや雑誌で拝見する限りは人懐っこい印象だったので、驚きました》(松坂)

《そういう松坂さんは、休憩時間にひとりで読書してたり、大人しいかただなと。でも、話してみると実は地味に面白いんです。「ワハハ」じゃなくて「ンフッ」って感じで》(綾瀬)


 当時のふたりの様子を知る人物がこう振り返る。


「松坂さんこそ人見知りなんですよ。それが、あれ? ってくらい綾瀬さんの前だとよくしゃべってました。綾瀬さんのほうが年上ですが、話しやすい空気感をまとっているから、気づけば松坂さんの敬語はなくなって同級生のような雰囲気になっていましたね。綾瀬さんも“なんだか年下な気がしない。おじいちゃんみたい”とか松坂さんに言ってて、彼も“いや〜そっちこそ貫禄あるよなぁ”と切り返したり。現地では半日だけオフがあったんですが、その時間もふたりでオルセー美術館に行ったりしたと聞きました」


 撮影現場では、絵の話で大盛り上がりだった。


「ふたりとも絵は、見るのも描くのも好きなんですって。綾瀬さんは自分の部屋に、自分で描いた地球儀とひまわりの油絵を飾っているんですよ。松坂さんのほうは晩酌しながら絵を描くのが好きで、最近は人の顔を描くことが多いみたいです。“描くぞぉ〜”って感じではなくって、テーブルにスケッチブックを置いていて、思いつくままに描くことが多いそうです」(芸能関係者)


 しかもふたりの自宅は車で10分もかからない距離。地元トークでもすっかり意気投合していたという。


「パリでは朝も夜もずっと一緒にいましたから、帰国してクランクアップしてからも頻繁に連絡を取り合うようになったそうです。それで2014年春の映画公開直前に、プロモーションで再会して、自然な形で交際が始まったそうですよ」(前出・ふたりの知人)


 深夜、早朝、あまり人目につかない時間を選んで、互いの自宅を行き来する綾瀬と松坂。タクシーの時もあれば、綾瀬が自転車を使う日もあるという。そんな隠密愛ではあったが、ふたりがつきあっていることは、いろいろな場所で、ふとした瞬間に、周りに気づかれていた。


 さらに熱愛報道後、綾瀬の自宅から徒歩1分のところにあるスーパーで松坂が目撃されていた。しかもそれは綾瀬の来店から数分後のことだったという。


「綾瀬さんはよくお見かけするんですよ。いつもお総菜ではなく、豆腐とか野菜とかをちゃんと選んで買っていくんです。綾瀬さんと松坂さんが時間差でやってきた日は、綾瀬さんが買い物をした直後でした。買い忘れたものを松坂さんが買いに来たという感じでしたよ」(同スーパー関係者)


 ちなみに松坂の自宅近くにはスーパーやコンビニなど複数ある。わざわざ綾瀬の自宅近くのこのスーパーを選ぶ理由は見つからない。


※女性セブン2015年5月14・21日号

NEWSポストセブン

綾瀬はるかをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ