重病説の渡哲也 自宅をバリアフリーに改修したとの情報も

5月1日(金)7時0分 NEWSポストセブン

 今年、デビュー50周年という大きな節目を迎える渡哲也(73才)だが、彼の周辺では、お祝いムードどころか“重病説”が囁かれている。


 その発端となったのが、昨年末の日刊スポーツ映画大賞を欠席したことだ。この賞は石原裕次郎記念館が協賛している事業で、渡は毎年欠かさず出席していただけに、関係者からも「よほど体調が悪いのでは…」という声が上がったのだ。


 また、新春の恒例行事だった石原プロモーションの新年会が昨年に続いて開催されなかったこと、『西部警察』の最新作の撮影が延期されたまま続報が入ってこないことも、重病疑惑に輪をかけた。


 果たしてその真相は…。女性セブンは渡の自宅周辺を取材したところ、近隣住民たちは「ここ最近、一切姿を見ない」と口を揃えるばかり。だが、気になる証言がひとつあった。


「半年くらい前かな、リフォーム業者が出入りしていて、自宅を全部バリアフリーに改修したそうです。段差とかをすべてなくしたというから、もしかして渡さん、車椅子生活なのかな?」(近隣住民)


 ある芸能関係者もこんな証言をする。


「4月中旬に石原プロのゴルフコンペがあったんですが、渡さんだけが欠席していました。体調が悪いというのは本当でしょう。彼はもう73才ですからね…。肺の機能が低下しているとも聞きました」


 やはり重病説は本当なのか…。と思いきや、取材を進めていると、こんな情報をキャッチした。都心にある渡の行きつけのイタリアンレストランでの目撃談だ。


「つい先週も、渡さんの姿を見ましたよ。その日のおすすめメニューをたくさん食べていましたね。重病説? そんなことないでしょ(笑い)。ご自分で普通に歩いていましたし、食欲も旺盛で、元気そのものでしたから」(居合わせた常連客)


※女性セブン2015年5月14・21日号

NEWSポストセブン

「渡哲也」をもっと詳しく

「渡哲也」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ