馬鹿よ貴方は ファラオと「心の距離は2km離れてる」と相方

5月1日(日)7時0分 NEWSポストセブン

ファラオ(右)には初の恋人ができたという

写真を拡大

 スローなテンポで毒の強いボケで注目の平井“ファラオ”光(32才)と、ネタ作り&ツッコミ担当の新道竜巳(39才)のお笑いコンビ「馬鹿よ貴方は」。昨年まで「ファーストキスもまだ」と公言していたファラオに恋人ができたというホットな話題から、新道が事故物件に住む理由まで、2人のプライベートに迫った。


——プライベートのファラオさんも、ネタ中と同じような毒舌キャラ?


ファラオ:テンションは変わりませんが、毒はありません。ぼくはネタのキャラの印象が強いので、「舞台を降りても人間の部分を出すな」「お前はモンスターだから、ネタのキャラで貫いた方がいい」といろんな人に言われました。


新道:口数が少なくて毒が強いと先輩の目にとまりやすいので、舞台上でお客さんにからむと、キャラクター的には違和感がなくても、「お客さんにあんな言い方はないだろう」と言う先輩がいるんです。


——ところで、ファラオさん、彼女ができたそうですね。


ファラオ:初めての彼女です。


——キスもその先も、卒業しちゃったんでしょうか…。


ファラオ:残念ですか? みんなのものであったほうがよかったですか?


——どんな出会い?


ファラオ:普通の出会いです。


——その報告を受けて、相方としてどうですか?


新道:ぼく、報告を受けてないんです。相方が女性と歩いてたよって芸人仲間から聞いただけで、きちんと紹介されてないんですよ。


ファラオ:プライベートな会話はしないので、お互いの情報は人づてに聞くことが多いです。今座っている2人の距離は3、40cmですけど、心の距離は2kmくらい離れています。


新道:ぼくは初めてできた彼女を紹介していますけどね。


ファラオ:それは記憶にないですね。多分、嘘だと思います。


新道:してますよ!


——話題は変わりますが、新道さんは事故物件に住んでいるそうですね。


新道:過去に自殺があった部屋に、今でも住んでます。ぼくは霊感があまりないのですが、必ず金縛りにあう場所があるので、そこでは寝ないようにしています。クッションフローリングの部屋で、そこで死んだんだと想像しています。


 その部屋は、30才すぎの男性が自殺して、腐って大量の虫が発生したのを、近所の人がガラス越しに気づいて、中に入ったら腐って死んでいたらしいです。その死体が発見されてから3か月後にぼくが入りました。全部リフォームしてあるので、においも残っていなかったし、きれいでしたよ。


 ただ、ブレーカーだけが替えられていなくって、黒くくすんでいたんです。そのブレーカーだけは、ずっと死体を見ていたのかなって。


——家賃は安い?


新道:5万円のところが、2年間は半額になりました。今は通常の家賃に戻っています。引っ越したいんですけど、お金もかかるし面倒くさいので。


——初めから事故物件を狙った?


新道:安いところを探していたら、不動産の人が「事故物件でもよければありますよ」と言ってくれたので、そこにしました。エリアは杉並区です。


——ファラオさんはプライベートではどんなことをしていますか?


ファラオ:仕事と仕事の合間で暇になった時は、1人カラオケに行きます。酒は強くないので飲みには行きませんし、ガラケーなのでLINEはしていません。絵文字も使い方が分りません。


——どういった曲を歌う?


ファラオ:1人で行くときは、好きなローリング・ストーンズ。みんなが知っている曲も歌えた方がいいかと思って、井上陽水も練習しています。


 20代前半に1、2年くらい、趣味でバンドのボーカルをやっていました。レッド・ツェッペリンとか、オジー・オズボーンとか、ハードロックですね。ハイトーンな感じでシャウトしていました。


 元々音楽をやりたいという気持ちは、芸人になる前にありました。小学校2、3年くらいからトランペットを習って、中学で吹奏楽部、高校でボーカルのレッスンを受けたりギターを習って、成人してからバンドをやって、という流れです。


 小さい頃、『ポンキッキーズ』(フジテレビ系)に出たことがあって、ガチャピンや鈴木蘭々さんの後ろで、トランペットを担当したこともあります。


——今後も音楽をやっていきたい?


ファラオ:ぶらっくさむらいという黒人の芸人がいるんですけど、仲がいいので、一緒に何かしらやりたいと思っています。一度、ぶらっくさむらいにギターを弾いてもらって、ぼくがブルースを歌うという企画をやったことがあります。


——新道さんの目標は?


新道:ぼくは毎週、インターネットラジオを個人的にやっているんですけど、将来的にラジオ番組をやれたらいいなと思っています。自分より下だと思えるような人のほうが喋りやすいので、『新道竜巳のごみラジオ』というタイトルにして、自分より明らかに下だと思う人だけ呼ぶ、というコンセプトでやっています。


——下というのは?


新道:ぼくらより活動していないとか、ぼくらよりウケてないとか。就職をまともにできない一般人を呼んだりして、文句言ったり説教したりする30分です(笑い)。


 文章を書くのも好きなので、小説を書き上げて出版社に持ち込んだりしたんですけど、ほどほど褒めてくれるくらいでしたね。いつか又吉さんのように売れる本を書きたいです。


【馬鹿よ貴方は(ばかよあなたは)】

ネタ作りとツッコミを担当する新道竜巳と、ボケの平井“ファラオ”光により、2008年に結成。『THE MANZAI2014』で認定漫才師50組に選出され、オフィス北野への所属が決定。

NEWSポストセブン

ボケをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ