サイモン・ペッグが30年間地下に幽閉、新作ミステリー『インヘリタンス』予告編 ─ リリー・コリンズ共演

5月1日(土)11時0分 THE RIVER

『インヘリタンス』

『ミッション:インポッシブル』シリーズなどのサイモン・ペッグと、『あと1センチの恋』(2014)「エミリー、パリへ行く」(2020-)などのリリー・コリンズが共演するミステリー映画『インヘリタンス』より、2021年6月11日の公開に先がけて予告編が公開された。

ニューヨークの政財界に絶大な影響力を持つ銀行家アーチャー・モンローが急逝した。アーチャーの遺産は妻と政治家の息子、そして地方検事である娘のローレン(リリー・コリンズ)へと相続された。さらに、ローレンにはアーチャーからの「真実は掘り起こすな…」という謎の遺言とともに1本の鍵が遺されていた。

ローレンは遺言をたよりに、邸宅の裏手に隠された扉を発見する。鍵は地下室への扉を開けるものだった。地下へ足を踏み入れたローレンは、鎖に繋がれた男(サイモン・ペッグ)を発見する。モーガンと名乗る男は30年に渡り、アーチャーの手で監禁されていたと語り始める。そこにはモンロー家にまつわる忌まわしき秘密が隠されていたのだった……。

『インヘリタンス』© 2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 『インヘリタンス』© 2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

予告映像は突然の父の死後、鍵を相続した主人公ローレンが地下室の扉を開けるシーンから始まる。そこにはひとりの男が囚われていた。ローレンの父の手により囚われたと語る男モーガンは、過去の因縁と忌まわしき秘密を明かす。果たして男は罪なき善人なのか。ペッグとコリンズ、実力派2人が繰り広げる迫真の演技合戦にも注目だ。

リリー・コリンズは、本作について「ハラハラドキドキすること間違いなしのスリラーです。ご覧になる皆さんが予想もできないような真相へお連れすることができればと願っています」とコメント。「脚本を読んだ時、私は2度も驚かされました。ローラーコースターのような体験をお楽しみください」と語った。

『インヘリタンス』© 2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 『インヘリタンス』© 2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 『インヘリタンス』© 2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 『インヘリタンス』© 2020. 1483, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ペッグ&コリンズのほか出演者には、『ワンダーウーマン』シリーズのコニー・ニールセン、「ザ・ボーイズ」(2019-)ディープ役のチェイス・クロフォード、『テッド』シリーズのパトリック・ウォーバートン、『アクアマン』(2018)マイケル・ビーチらが名を連ねている。監督は『アニー・イン・ザ・ターミナル』(2018)ヴォーン・スタインが担当した。

映画『インヘリタンス』は、2021年6月11日(金)新宿武蔵野館ほか順次公開。

『インヘリタンス』公式サイト

THE RIVER

「地下」をもっと詳しく

「地下」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ