闇に葬り去られた「発禁本・発禁マンガ」(1)宮沢りえ、安倍なつみ、浅田真央…

5月2日(月)9時58分 アサ芸プラス

 まずは、数ある出版トラブルにあって、日本中が行方を見守った7人の女神たちの涙の会見や、怒りの形相や、あまりにも幼稚だった弁明が記憶に残る「名場面」をクローズアップ!

○「Santa Fe」宮沢りえ

 150万部を売った国民的なベストセラーだが、09年の国会法案で宮沢の年齢が議論に。撮影時が17歳か18歳か判然とせず、今も一部の古書店で発売を見送られたまま。

○「遠野小説」藤田朋子

 出版差し止めを巡り、藤田が英語で叫ぶ会見がワイドショーを騒がせた。藤田側の要求が認められて写真集は販売されなかったが、一部が出回り、プレミア価格となる。

○「ナッチ」「陽光」「ALBUM1998−2003」安倍なつみ

 いくつもの詩集や写真集に掲載された詩が、小室哲哉aikoなどの盗作であることが発覚。あべは「自作の詩と区別がつかなくなって」と謝罪したが、紅白辞退などに発展。

○「20XX TOKYO」

 青山霊園でゲリラ撮影を行ったとして、写真家の篠山紀信やモデルの原紗央莉の所属事務所が家宅捜索。篠山は30万円の罰金となり、写真集も絶版処分。

○「NUDITY」菅野美穂

 20歳の誕生日に発売されたアイドル女優の完脱ぎ写真集は、歴代有数のインパクトで80万部超の大ヒット。ただし、事務所が発行部数を巡って出版社を提訴。

○「幸福論」小倉優子

 デビュー10年目に「ラスト写真集」として発売され、これまで以上に艶っぽい仕上がりに。ところが、移籍に伴い前事務所が販売禁止を申し入れたが、却下された。

○「大丈夫、きっと明日はできる」浅田真央

 初のエッセイ集として発売予定だったが、告知ポスターで前年に亡くなった母親を引き合いに「ママ、ほんとうにありがとう」の文字。浅田が態度を硬化させ、見送られた。

アサ芸プラス

「宮沢りえ」をもっと詳しく

「宮沢りえ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ