忽然と消えたJ‐POPの歌姫50人を追跡リサーチ(6)伊藤由奈はロスで地道なライブ活動

5月2日(火)17時58分 アサ芸プラス

 いつも街に歌があふれていた──。そんな時代を象徴する宇多田ヒカル中森明菜の復活は、昨年末の音楽シーンに大きな刺激を与えた。ただ、大ヒットを放ちながら、その姿を見ることが少なくなった歌姫たちも数多い。

・ZONE 代表曲「secret base〜君がくれたもの」(01年)

 北海道在住の「バンドル(バンド+アイドル)」として注目され、紅白にも3年連続で出場。実は13年までZONEは存在していたが、最後に在籍したのはMAIKOただ1人。

宇徳敬子 代表曲「まぶしい人」(93年)

「B.B.クィーンズ」や「Mi−Ke」の在籍を経て、93年にソロデュー。全盛を誇ったビーイング系を象徴する存在に。現在は活動規模を縮小し、配信シングルが中心。

伊藤由奈 代表曲「ENDLESS STORY」(05年)

 デビューから映画「NANA」や「海猿」の主題歌に起用され、立て続けに大ヒット。11年夏から国内の活動を終了させ、現在はロサンゼルスで地道なライブ展開をしている。

・八反安未果 代表曲「SHOOTING STAR」(99年)

 約20万人のオーディションから選ばれ、レコ大の最優秀新人賞も獲得したシンデレラガール。近年は歌手活動よりも過激なグラビア展開のほうが目立っている。

アサ芸プラス

「J-POP」をもっと詳しく

「J-POP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ