「殿堂入り豊かな胸100人」を大発表(5)00年代11位〜20位「黒船」リア・ディゾン来日に衝撃!

5月2日(火)9時58分 アサ芸プラス

 海の向こうのメジャーリーグや日本のプロ野球の世界では、毎年往年のスター選手が「殿堂入り」として選出される。芸能界も女性タレントの胸にスポットが当たって50年。この栄光の歴史に敬意を表し、「アサ芸シークレット」が選出した殿堂入りにふさわしいが豊かな美女100人をオールタイムで選出した!

 21世紀に入ると、グラドルたちの基準がまさしくビッグバンを迎えた。バストサイズが100センチを超え、それまでFカップ止まりだったものがG、H、I、Jと進化したのだ。

11位・リア・ディゾン

 ネットにUPした画像が日本でも大人気となり、待望の来日。アグネス・ラム以来の衝撃は「グラビア界の黒船」とニュースになった。

12位・愛川ゆず季

 100センチのバストも魅力だったが、女子プロレスの世界に参入すると、並み居る本職を押しのけて評価される「第2の人生」を過ごした。

13位・夏目理緒

 100センチにはわずかに届かないものの、前人未踏のJカップという高低差は、いよいよグラビア界がメガサイズに突入したことを象徴。

14位・小泉麻耶

 女子高時代の学校を相手にした訴訟騒動など、常にスキャンダルに見舞われてきたが、至高の悩殺ボディであったことは揺るぎない。

15位・松本さゆき

 グラビア界には珍しく172センチの長身で、それでいてGカップというありがたいバストは「リアル峰不二子」の称号に恥じなかった。

16位・川村ひかる

 どちらかと言えば小柄美乳な部類だが、高貴な姉系フェイスが受けて、写真集も大ヒット。グラビア界に新たな方向性をもたらした。

17位・大城美和

 154センチの小柄な体でも、Gカップの威力は目を引いた。グラビア界の需要はトップ級に高かったが、突然の引退は多くの謎を残した。

18位・大沢舞子

 デビュー当初のプロフィールは「売れっ子ホステスのみなみちゃんがグラビアデビュー」で、タブーを打ち破った売り出し方だった。

19位・滝沢乃南

「したたるような」という言葉以外に見つからないほど、色白で豊満すぎるボディが魅力。不可解な引退騒動からの復帰はあるのか?

20位・福永ちな

 名古屋での歯科助手時代に「ほしのあきに似ているね」と言われたことからデビューしたレアケース。顔だけでなく体も超一級品。

アサ芸プラス

「リア・ディゾン」をもっと詳しく

「リア・ディゾン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ