張本勲氏「海外スポーツへ冷淡発言」でまた炎上 FW岡崎活躍中なのに「よその国のゲーム」

5月2日(月)19時15分 J-CASTニュース

サッカーや海外の話題には冷たい?

写真を拡大

野球評論家の張本勲さん(75)が、世間の関心が強いサッカーの話題にまた冷淡な発言をテレビでしたと話題になっている。ネット上では、「野球ばかり持ち上げたがる」と不満が募っている様子だ。

テレビのワイドショーなどでは、日本代表FW岡崎慎司選手(30)が所属するレスターの話題を連日、大きく取り上げている。



「この方にサッカーのコメントを求めることが無駄」



それも、レスターは、イングランド・プレミアリーグでクラブ創設132年目の初優勝に王手をかけているからだ。英メディアからは、岡崎選手の活躍も大きいと賞賛が送られている。


2016年5月1日放送のTBS系情報番組「サンデーモーニング」は、日本時間のこの日夜にマンチェスター・ユナイテッド戦に勝てばレスターの優勝が決まると、スポーツの「週刊・ご意見番」コーナーで紹介した。


「勝ったら、また岡崎さん、騒がれますよ」。司会の関口宏さんが話題を振ると、張本さんは、淡々とした様子で「まあ、あんまり話題にしなくてもね」と返す。関口さんが「えっ」と声を上げると、張本さんは、こう説明したのだ。


「よその国でやってるゲームだから。まあ、日本人選手がおるから話題になるだけであって。100年だろうが、300年だろうが、関係ないですよ」

この言葉には、各出演者も絶句した様子で、ゲストで柔道アテネ五輪金メダリストの鈴木桂治さん(35)は苦笑いしていた。


張本さんはプロ野球出身だけに、「わかりやすくてよろしい」と理解する向きもあった。とはいえ、ネット上では、またサッカー人気に水を差しているとして、「世間とズレすぎ」「嫌なら黙ってろよ」といった疑問や批判が書き込まれている。サッカージャーナリストの河治良幸さんも、ツイッター上で「まず公共の電波で、この方にサッカーのコメントを求めることが無駄に思える。番組も狙ってるのかもしれないけど」と苦言と呈した。



日本人のメジャーリーガーにも辛口の評論



張本勲さんは、米大リーグに野球選手が流出したことを嘆いていたことから、海外での日本選手の活躍をあまり評価していないのでは、といった見方もあった。


張本さんは、この日の番組でも、日本人のメジャーリーガーに辛口の評論をした。


マーリンズのイチロー選手(42)は4月29日、メジャー通算3000本安打まであと55本と迫り、メジャーで38人目となる500盗塁も達成した。張本さんは番組で、このことについて評価しながらも、司会の関口宏さんから盗塁について「あっぱれ、あげときますか?」と聞かれると、こう反応した。


「あー、あっぱれ...まあ、ちょっと待って下さいよ。いやいやいや、何人もいるからね」

イチローがあと1つで日米通算700盗塁を達成する一方、日本記録保持者の福本豊さん(元阪急)は1065盗塁をしていると指摘した。そのうえで、「これは群抜いてますわね」と話し、イチローはまだまだと言わんばかりだった。


張本さんは、何でも1番でないとなかなか手放しでほめないことでも知られる。この日も、広島の新井貴浩内野手(39)が史上47人目の2000本安打を達成したことについて、「一応、あっぱれをあげて下さい」と控えめにほめた。関口さんが「一応?」と驚きの声を上げると、「47人だから」と理由を説明する。


これに対し、張本さんが通算安打ランキングで3085本と1位であることを書いたボードを関口さんが指差すと、張本さんは、「これはまあ、全然群を抜いてますから。書かなくてもいいんですけどね」と胸を張っていた。

J-CASTニュース

「張本勲」をもっと詳しく

「張本勲」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ