モーニング娘。小田さくらの「バスト黒塗り」にファン興奮...ポロリ寸前で隠れ巨乳に熱視線

5月2日(月)17時0分 メンズサイゾー

 アイドルグループ「モーニング娘。'16」の小田さくら(17)が、5月1日に放送された街歩きバラエティー番組『テイバン・タイムズ』(BS朝日)にゲスト出演。何気ないほのぼのとした番組だったはずなのだが、小田の胸元に黒塗りモザイクが入るという異常事態にファンが騒然とする事態が起きた。


 番組では「母の日」をテーマに、小田がレギュラーのハマカーンとともに母親への手作りプレゼントをするために都内の様々な工房を訪問。異変が起きたのは、序盤に東京・高田馬場の東京染ものがたり博物館を訪れた時だった。


 伝統的な「江戸小紋」という染め物に挑戦することになり、小田は前かがみになって一生懸命に作業に没頭。すると胸元が大きく開き、意外にも豊満なバストがこぼれそうな状態になった。胸チラどころか「胸モロ」になりかねない気配だったが、ここで突然、小田の胸元に黒いボカシ処理が...。


 これを目にしたネット上の視聴者からは「マジでエロすぎ」「おい、なんで黒くする!?」「ボカシいらない!」「健全な17歳の胸にボカシを入れるなんて明らかな過剰反応」といった声が続出。「スタッフだけでおいしくいただいたのかよ!」「カメラマンや編集スタッフはさくらちゃんの胸を見たのか? クソ...」と、スタッフに怒りを向ける人まで現れた。さらに一瞬だけボカシが入っていなかった胸チラシーンを目ざとく発見し、拡大画像にして楽しむ人も。


 その一方で「ボカシを入れる前に現場で誰か指摘するべき」「胸元のゆるい衣装を着せられて可哀想」と冷静に指摘する声もあり、いろんな意味で反響を呼ぶことになった。


 小田は2012年に同グループに加入し、プロデューサーのつんく♂から「歌唱力は松浦亜弥高橋愛と並ぶ歴代トップ3に入る」と絶賛される逸材。同じメンバーの石田亜佑美(19)や工藤遥(16)とともに次期エース候補の一人とされ、昨年末に卒業した元エース・鞘師里保(17)の穴を埋める存在と期待されている。


「今まではどちらかというと『実力派』という印象が強かったのですが、実は男好きするスタイルの持ち主で隠れ巨乳。これまでも水着姿がグラマラスでセクシーだとファンの間では話題になっていましたが、今回の『バスト黒塗り騒動』であらためてビジュアル人気の高さが認識されたともいえます。実力だけでなくセクシー度もバツグンと評判になれば、エース候補争いに好影響を及ぼす可能性もあるでしょう」(アイドルライター)


 そのビジュアル人気を証明するかのように、5月27日にファースト写真集『さくら模様』(ワニブックス)がリリース予定となっており、Amazon限定の表紙では大胆なビキニ姿のバストショットを披露。顔の大きさと胸の大きさが変わらないほどの立派なバストであり、その谷間はアイドルファンの間で「モー娘。にとんでもない逸材がいた」と注目されている。


 本来なら小田にとっては恥ずかしいハプニングとなった「バスト黒塗り騒動」であるが、これだけ騒がれているということはセクシー人気の裏返しでもある。近年はAKB48グループに押されっぱなしだったモー娘。だが、エース候補である小田の人気上昇によって巻き返しが狙えそうだ。
(文=佐藤勇馬/Yellow Tear Drops)

メンズサイゾー

「モーニング娘。」をもっと詳しく

「モーニング娘。」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ