その彩りに立ち眩みする。光と色を味方につけた武藤彩未、19歳の誕生日を迎えたワンマンライブ[BIRTH]レポート

5月2日(土)17時0分 おたぽる

(写真/笹森健一)

写真を拡大

——ステージ天井に浮かび上がる無数の球体が光を放ち、色で彩られる。その下で会場全体を自ら光で照らし、そこに色を塗るソロアイドルが立っている。彼女はこの日、19歳になった。ソールドアウトの渋谷公会堂を"彩"り、"未"ちなる世界に変えていた。2013年、80年代を再現する「DNA1980」と銘打ち、ソロプロジェクトを始動させた武藤彩未。今年2月にアルバム『I-POP』をリリースし、その名の通り"POP"に彩られた楽曲をたくさん引っ提げて迎えたワンマンライブ『BIRTH』は、彼女の年齢にちなんでチケット代はなんと1,900円。お手頃な値段に相応しくない高級なステージを魅せ、完璧を目指す意地にあふれていた。

 初代生徒会長として在籍していたさくら学院を卒業して3年。今年高校を卒業したばかりの武藤彩未にとって、10代最後の一年の幕開けはいかなるものか。『BIRTH』にはソロアイドルの頂点を目掛けて突っ走る、メジャーデビューから2年目を迎える彼女の"変化"と"進化"が詰め込まれていた。

 4月29日、昭和の日。1980年代の歌謡曲に慣れ親しんでいたアイドルにとって、まさにうってつけの日。春の陽気のせいか、渋谷の街に半袖姿の人々が目立つ。青空の下、ビールを飲んでいる人たちを横目に向かうのは渋谷公会堂。このステージに武藤彩未が立つのは実に7年ぶりで、彼女にとって夢の一つ"渋公"は開演前から静かな熱気が渦巻く。会場に入ると、ステージ上に施されているいくつもの球体のセットが目に飛び込んでくる。なんなんだこれは。今から一体何が始まるんだ。そんな高揚感に追い討ちをかけるように武藤彩未の声が響き渡る。開場中にテレビ朝日のネット配信番組『LoGiRL』の相方・清野茂樹アナとのトークが始まり、「緊張していないんですよ〜」と呑気そうに言いつつもどことなく緊張の色が見える声から、これから始まる景色に期待が高まる。

 ついに開演を迎える。「ナウシカ・レクイエム」のアレンジに合わせて手拍子が鳴り、バンドメンバーの後に武藤彩未が登場。早くも感極まった表情で正方形の広いお立ち台の上に現れ、『BIRTH』がスタートを切る。

 1曲目からいきなり未発表曲「Are You Ready 2015」で攻めてくる。武藤本人が作詞したこの曲には「今ここは憧れの場所で 目の前はたくさんの皆 ステージから見る渋公 なんて最高♪」と本公演に込めた想いがストレートに綴られている。丸い形をしたオブジェをいくつも纏ったカラフルな衣装で軽快に踊り、少し大人びた様子なのは耳を出しているせいか。身軽そうなボブヘアーと突き出された頰が美しく光に照らされ、思わず立ち眩みしそうになる。

「渋谷公会堂、盛り上がっていくよーっ!」と宣言すると、そのまま「Doki Doki」と「Seventeen」と立て続けに披露するNineteen。どこか懐かしげなメロディに新世代のアイドルが色を付け、冒頭から客席では休む間もなく拳を突き上げる渋公。ステージ上の球体を照らす光が赤、黄、青とカラフルに彩り、まるでこの世に存在する色をすべて塗りたくるかように贅沢だ。演奏が終わると、「2階ーーー! 1階ーーー!」客席の隅から隅まで呼びかける。

「ここに実際に立ってみるとやっぱり大きくて......でも一人一人、皆さんの顔がよく見えています」と語る武藤。彼女にとって可憐Girl's以来、7年ぶりの渋谷公会堂のライブ。ソロでは自身のキャリア史上最大規模になるステージに立てたことの喜びを噛み締め、「全員で楽しんで盛り上がれるライブを作っていきたいと思います。全力で歌わせていただきます。最後まで、よろしくお願いします!」と、感謝の気持ちを伝える。

 MCでは、近くの代々木体育館で「GirlsAward 2015 SPRING/SUMMER」のステージにさくら学院の同期の松井愛莉三吉彩花がモデルとして立っていることを告げ、「今ごろ頑張っているんですよ。こうやってね」と一瞬だけモデルウォークの真似をする姿に笑いが。「なので今日、最強だと思いません?」とうれしそうに問いかける武藤に、なぜか「愛莉ー!」という声援が。「そこは彩未でしょ?」と即座に突っ込みが入る。"離れていても心は一つ"。これは今年3月に卒業式を迎えたさくら学院2014年度のテーマだが、2011年度の卒業生も心を一つにつなげていた。

1505_muto_07.jpg
 ライブの勢いは止まらない。スピード感にあふれた「女神のサジェスチョン」の後は衣装チェンジし、「ミラクリエイション」へ。ピンクのワンピース姿で輝きを増し、眩い光を味方につけるようにパレード調の楽曲を楽しく歌い上げる。最後のピエロみたいに鼻を手で摘み、お尻をふりふりさせる振り付けが天井知らずの可愛さである。

 ここからステージ演出の勢いが増す。「宙」は数個のミラーボールがリズムを刻むごとに切り替わり、ドットの光の拡散が始まる。まるで球体が気泡となって、辺り一面に弾けるような光景が美しい。出会いと奇跡をファンタジックに見つめるこの曲の世界観に似合い、「生まれてきた謎が解けてく」という歌詞通りの予感すら信じさせる。ライブで初披露の「Daydreamin'」からプロジェクションマッピングが始まり、球体のセットに映像が浮かび上がる。デジタル調のビリビリッとした電子の海を泳ぐようなエフェクトがかっこよく、バンドメンバーの一員のように武藤のボーカルを映像がサポートする。着替えてきた衣装を見せるためにぐるっと一回転し、「ちょっと大人っぽくないですか?」と自慢げに誇る姿が微笑ましい。MCでは今回のドット柄の衣装、球体が浮かび上がるセットについて「ライブのタイトルが『BIRTH』じゃないですか。"誕生"という意味を丸に込めていまして、この丸が卵だったり、お母さんのお腹の中だったり、そこから"生まれる"という意味を込めています」と、語る。

 昨年末の赤坂BLITZのワンマンライブの前日、自身のTwitterに「明日のライブで殻を破壊しますから」と書いていたのを思い出す。その殻はここに浮かんでいる卵なのかも知れない。「丸って何気ないものじゃないですか? それがいろんな人の力が加わると"原石"だなって思って」と続け、幾多もの色に照らされ、さまざまな絵が映される卵こそがまさに武藤本人。その殻が次第に破かれていく様が、この後も続いていく。

 一曲目について語ると、「高校を卒業して少し時間ができるので、これから作詞も頑張ってみようと思います!」という決意に大きな拍手が。そのほかに頑張っていることの一つとして料理を挙げ、卵焼きを一発で成功したことを喜んでいたが、今日作ってみると失敗してスクランブルエッグみたいになったという。まぐれだったようだ。「ここだけの話にしておきましょう......」と言ったが、容赦なくここに記した。その代わり、ステージに浮かび上がる卵たちがたくさんの光で美しく焼かれ、さまざまな色が混ざったスクランブルエッグに美味しく仕上がっているから、全然大丈夫!

 ここからバラードのセットになる。「ここから座って聴いていただきたいと思います」と観客が着席し、「みなさん、自分に置き換えて聴いてください」としっとりとゆっくり「風のしっぽ」が始まる。センチメンタルな歌唱の伸びが心地よく、切ないバラードに似合った風景が球体に浮かび上がる。「とうめいしょうじょ」、「永遠と瞬間」のアコースティックバージョンと続き、バラードは歌唱力が赤裸々に曝け出される。だからこそ武藤の本質的な魅力が全面に押し出される。映像と光の演出に頼らない、"彩未"に名前負けしないカラフルな歌声が響き渡る。次々と涙腺を緩ませてくる。ライブの冒頭では感極まって泣きそうな表情の武藤だったが、次はこちらの番のようだ。

「ずっとこんな時間が続けばいいと思いますが、時間は限られていますからね。だからここからはみなさん、暴れてみませんか!?」と、客席を煽る武藤の合図で、バンドメンバーがそれぞれ紹介されるたびにソロ演奏が続く。ドラムの楠瀬タクヤ、ベースの須長和広、ギターの山本陽介、キーボードのnishi-kenと紹介されたところで、「えっ? ちょっと?」と予定通りではない展開に武藤が戸惑い、サプライズのハッピーバースデイの合唱が始まる。球体に映し出されたケーキはロウソクがしっかりと19本立ち、ステージ天井にレーザービームで「HAPPY BIRTHDAY」の文字。映像に向かって武藤が息を吹きかけると火が消えて、会場全体が彼女の誕生日を祝う。

 今まさに『BIRTH』の主人公が満面の笑みを浮かべ、テンションが最高潮になったところでそのまま「RUN RUN RUN」へ。客席が一斉にタオルを振り回す光景に「楽しい!」と思わず曲の間に叫ぶ武藤。「パラレルワールド」はレーザービームの演出が施され、「A.Y.M.」はイントロから満天の星空のような光が会場の天井に広がる。球体にはそれぞれ「A」「Y」「M」と映し出され、ライブが勢いを増していく中で途中で歌詞を忘れてしまうというハプニングが。それでも最後まで歌いきり、「交信曲第1番変口長調」で勢いを持ち直す。彩未コールと「交信! 交信!」の掛け声でライブが大盛り上がりに。

「最後にもう一曲、盛り上がっていただけますか?」と武藤が問いかけ、本編最後の「OWARI WA HAJIMARI」へ。ライブが終わる頃なのに、これから何かが始まりようなワクワク感を詰め込んだ楽曲。最後は19歳にちなんで、武藤の合図に合わせてバンドが一斉に19回の音を鳴らすたびに客席がジャンプする。

 バンドメンバーがステージを去る際に、「悔しい〜!」と先ほどの「A.Y.M.」での悲劇を悔やんでいる武藤。「バンドのみなさん......バンドのみなさん! あの......私のわがまま聞いていただけますか?」と再び呼び込む。歌詞の確認のために武藤が一瞬ステージに脇に姿を消し、通常のアンコールとはまた違った拍手が巻き起こる。

 異例の事態を鮮やかに迎え入れるバンドメンバー。そこに厚いチームワークが伺える。そしてまさかの二度目の「A.Y.M.」へ。これこそが「上昇専用のリセットボタン」なのか、まさに"終わりは始まり"だった。しかし、せっかくりやり直したのにも関わらずまた歌詞を間違えてしまう。演奏が終わると「また間違えてしまいましたよね......悔しいけど、またリベンジします!」と決意を告げ、会場で"頑張っているけど失敗しちゃう女の子 友の会"が結成されるような愛くるしさがあった。完璧主義者の一面が垣間見え、その意地は彼女特有の愛嬌に満たされていた。

「彩未! 彩未!」コールが鳴り止まない。再びステージに戻ってきた武藤はまたも衣装を変え、今回のライブの新グッズの黒・白・灰色の3種類のTシャツを組み合わせたワンピースを身に纏い、白のブーツ姿で登場。ここで武藤が一つお願いを告げる。

「今日私も誕生日を迎えましたが、実はもう一人誕生日を迎える子がいるんですね。さくら学院のメンバーで、大切な一人です。届かないかも知れないけど、よかったら(堀内)まり菜ちゃんにバースデイソング歌ってもらってもいいですか?」

 後輩想いの武藤の合図で合唱が始まり、きっと客席にいるであろう堀内まり菜の「ありがとうっす! ありがとうっす!(激しい擬音)」といった相変わらずの挙動が安易に想像できる。ライブタイトル『BIRTH』にもう一つの意味が込められ、それと同時にさくら学院の厚い絆が感じられるシーンだった。「みんなの道を切り開いてあげられるような、そんな先輩になりたいと思っています。私も、もっともっと頑張っていきたいと思います!」と、武藤。さくら学院初代生徒会長としての責任感と、それを貫く意志が伝わる。この人が松井愛莉、三吉彩花、BABYMETALといった色んな分野で活躍するさくら学院の土台を作った人なのだと、あらためてその人望の厚さを伺わせる瞬間だった。

 アンコールの一曲目は新曲。「まだ先週歌詞が出来上がったばかりで、未完成なんですよ」という新曲は「Happy Chance」というタイトルで紹介され、初披露とは思えない手拍子とタイミングばっちりの掛け声で盛り上がる。その後は「未来へのSign」、「時間というWonderland」と続き、球体それぞれに時計の針が浮かび上がる。"武藤彩未"というソロプロジェクトの変化と進化が映像にも光にも、そして歌にも表れている。未来へ臆することなく立ち向かう力強さを感じ、今まさに「届けたいのは涙じゃなく サヨナラじゃなく Smile」という歌詞の通りの笑顔が届けられる様が美しい。

「夢みたいですね、今ここに立っているのが......。ずっと憧れで、"渋谷公会堂に立ちたい"ってずっと言っていました。ここに立てているのは、今日来てくれている一人一人のおかげです。渋谷公会堂に連れてきてくれて、ありがとうございます!」

 もっと大きな夢を目指していきたいという武藤は、「日本武道館に立ちたいです。今日来てくれた皆さんと一緒に行きたいです!」という願いに大歓声が起こる。"目標に向かってどんな努力でもできる19歳"になる、そんな武藤の決意を込めた「明日の風」が始まる。アコースティックギターとともに響き渡る歌声と、球体に映し出される昨年の『BIRTH』のライブ写真。モノクロで浮かび上がる過去の武藤の姿。10代の女の子の1年間は大きい。会場にいる誰もが自身の1年間を振り返っただろう。シンガロングで「ララララ〜」と声が広がり、歌声が光の演出に頼らずとも多くの人の過去と未来を照らすかのようだ。

 大きな拍手に包まれてアンコールが終わり、「本当にありがとうございましたーっ!」とマイクを通さずに大声で叫ぶ武藤。客電がついても拍手を止めず、帰らない観客の目の前にステージに再び現れる。まさかのダブルアンコールは武藤にとって大切な曲、「彩りの夏」で締める。曲中で「彩未ーーー!」というコールが地鳴りのように響き、まったく終わる気配のないライブはそれでも終わってしまう。最後はバンドメンバーとともに並んで「本当に本当に、ありがとうございましたーーー!」と叫び、武藤彩未にとって10代最後の誕生日ライブが幕を閉じた。

 無数の球体のセット、ミラーボール、プロジェクションマッピング、レーザービームなど、光と色の演出に包まれた『BIRTH』。それは歌の世界観を広げ、武藤彩未の人間力を輝かせていた。ゴマンといるアイドルの中で突出する、彼女の色彩豊かな歌声と表情。そして元・可憐Girl'sのメンバー、さくら学院の初代生徒会長という唯一無二のキャリア。その先の未来を見たいし、楽しみたい。そんな希望に満ち溢れた140分だった。

 歌い直しのハプニングもあったが、悔しさを次に置いてはおけない意地の強さが垣間見れた。いわばライブはドキュメントだ。「パラレルワールド」のミュージックビデオはワンカットの長回し撮影で、武藤が階段を伝って空を上っていく姿が収められている。人生を撮影すると長回しであり、一回きりのワンカット。その一瞬一瞬を永遠に、そして瞬間で輝かせる才能をその後、6月9日、10日の渋谷クラブクアトロのライブ以降も見届けたい人は絶えないだろう。

 その卵の殻は破かれただろうか。一度は失敗してスクランブルエッグになってしまっても、また次には美しい卵焼きを作ることになるのでしょう。というか、どちらも美味しいです。
(取材・文/竹内道宏)

《セットリスト》
01、Are You Ready 2015
02、Doki Doki
03、Seventeen
04、女神のサジェスチョン
05、ミラクリエイション
06、宙
07、Daydreamin'
08、風のしっぽ
09、とうめいしょうじょ
10、永遠と瞬間
11、RUN RUN RUN
12、パラレルワールド
13、A.Y.M.
14、交信曲第1番変口長調
15、OWARI WA HAJIMARI
16、A.Y.M.(やり直し)
<アンコール>
17、新曲(仮タイトル「Happy Chance」)
18、未来へのSign
19、時間というWonderland
20、明日の風
21、彩りの夏

竹内 道宏(a.k.a. たけうちんぐ)ライター/映像作家
様々な媒体で音楽系、映画系、体験系の執筆をしている。監督・脚本を務めた映画『世界の終わりのいずこねこ』がイタリアのウディネ・ファーイースト映画祭に正式出品が決定。今年度から京都造形芸術大学・映画学科の非常勤講師を務める。また、神聖かまってちゃん等の映像カメラマンとして約600本に及ぶライブ映像をYouTubeにアップロードする活動を行なっている。
2013年2月以来、BABYMETALに心を奪われてしまいました。命ある限り彼女たちの活動を追いかけます!
たけうちんぐダイアリー(ブログ)→http://takeuching.blogspot.jp
ツイッター→https://twitter.com/takeuching

おたぽる

「誕生日」をもっと詳しく

「誕生日」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ