篠田麻里子、鳥居みゆきとウェディングドレス姿 『タクフェス』大千秋楽で

5月2日(水)18時30分 Techinsight

花嫁姿の鳥居みゆきと篠田麻里子(画像は『shinodamariko 2018年5月1日付Instagram「タクフェス千秋楽ありがとうございました!」』のスクリーンショット)

写真を拡大

宅間孝行率いるタクフェスの舞台『笑う巨塔』が4月30日に福井公演を開催した。3月29日に東京公演で幕開けして愛知、兵庫、愛媛公演と続いた舞台がこの日で大千秋楽となった。そんななかキャストの篠田麻里子がインスタで花嫁姿を披露して、ファンの注目を浴びている。

彼女が5月1日、『shinodamariko shinodamariko3 Instagram』に「タクフェス千秋楽ありがとうございました! 無事大千秋楽終わりました!! ラストはフミはこんな衣装でした」と投稿したのは、ウェディングドレス姿で鳥居みゆきと並ぶツーショットだった。

『笑う巨塔』で脚本・演出も手掛けた宅間孝行が演じる富雄が以前修行していた、とび職の親方・花田浩美(片岡鶴太郎)の娘・ふみが篠田麻里子の役柄である。

浩美が検査入院している四王病院には個性の強い人々がいて、様々な人間模様を繰り広げる。ナースセンターでインパクトがあるキャラクターの看護師長・絹江役を演じたのが鳥居みゆきだ。

鳥居は結婚しているものの、篠田が「楽しいチームで最高でした」「まぼろしのウエディング」「#笑う巨塔 #遠征ありがとう」とさり気なく触れたところ「まぼろし〜でも綺麗っす」「お嫁さんに欲しいでやんす」という声が寄せられた。ファンも「まぼろし」のままを望んではいないだろう。

画像は『shinodamariko 2018年5月1日付Instagram「タクフェス千秋楽ありがとうございました!」』のスクリーンショット

Techinsight

「千秋楽」をもっと詳しく

「千秋楽」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ