新キャプテン・アメリカの翼はヴィブラニウム製、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」アンソニー・マッキーが回答

5月2日(日)12時0分 THE RIVER

ファルコン&ウィンター・ソルジャー

マーベル・シネマティック・ユニバースのドラマファルコン&ウィンター・ソルジャーにて登場した新キャプテン・アメリカのスーツの翼部分には、あのヴィブラニウムが使われているようだ。トーク番組「The Late Show with Stephen Colbert」に登場したファルコン/サム・ウィルソン役のアンソニー・マッキーが明かしている。

この記事には、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」最終話のネタバレが含まれています。

「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」最終話の第6話でクールなお披露目となったサム・ウィルソン版の新キャプテン・アメリカスーツは、そもそもはバッキー・バーンズがワカンダの戦士アヨに「もう一つ頼みがある」として製作を依頼していたもの。スティーブ・ロジャースのスーツ同様、盾を背中部分でホールドできるようになっているほか、劇中では翼と盾をドーム型に組み合わせて小さなシェルターを作り、落下物から身を守る様子も描かれた。

ファルコン&ウィンター・ソルジャー© 2021 Marvel

出演したトーク番組でマッキーは、「あの翼はヴィブラニウム製?」と確認され、「100%ヴィブラニウムだ」と認めている。ヴィブラニウムといえば、マーベル世界で最高の硬度を持つ金属。キャプテン・アメリカの盾やブラックパンサーのスーツもヴィブラニウム性だ。よほどのことがない限り、新キャプテン・アメリカの翼にはかすり傷ひとつ付けることもできないだろう。

ワカンダといえば、ヴィブラニウムの産出地として知られる。ハイテク技術で知られるワカンダだから、まだ最終話でも見せていない新機能が搭載されているのかもしれない。

ファルコン&ウィンター・ソルジャー© 2021 Marvel

なお、「The Late Show」のトークの後半では、ホストが新キャプテン・アメリカのフィギュアも紹介してくれている。折りたたみ可能なウイングを広げた姿に「どうやって手に入れたんですか!」「僕も見たことがなかった」と驚くマッキーからは、「僕っていうか、ジェイミー・フォックスに似てる」なんてジョークも飛び出している。


THE RIVER

「アメリカ」をもっと詳しく

「アメリカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ