「放送コードに挑んだ」TVドラマ(1)川島なお美が喪服姿で…

5月3日(日)9時17分 アサ芸プラス

 前クールではKAT-TUN亀梨和也深田恭子が濃厚なラブシーンを演じたドラマ「セカンド・ラブ」(テレビ朝日系)。視聴率こそ低調に終わったが、それでも氷河期と呼ばれるドラマ界に一石を投じたのは間違いない。「記録」ではなく、「記憶」に残る女優たちの「美しき名場面」を称えたい!
 昨年話題になった「昼顔〜平日午後3時の恋人たち」(フジテレビ系)のルーツともいえるのが「失楽園」(97年、日本テレビ系)。川島なお美古谷一行が、「放送コードの限界に挑戦する」と言ったとおりの体当たり艶技を演じた。
「ドラマ1回の放送時間が正味40数分の中、カラミのあるシーンだけで10分以上を占めている。それこそ、濡れ場で始まり濡れ場で終わる回もあるほど。今見返しても奇跡的なほど過激なドラマでした」(芸能記者)
 中でも、伝説となったのは第4話。実父の通夜の後にもかかわらず、喪服姿で逢引をしてしまう川島。
「今日は許して…」
 とキスだけで逃れようとするも、胸元、下腹部と、古谷の熱烈な責めに逆らえず、鏡台に手をつくと後ろからズトンと貫かれる。
「あっ、あ、ああ〜」
 という甲高い声を漏らす表情が、テレビ画面いっぱいに映し出されるのだ。

アサ芸プラス

「ドラマ」をもっと詳しく

「ドラマ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ