パッキャオVSメイウェザー戦、判定を疑問視する声 為末、ほんこん「パッキャオの勝ちだった」

5月3日(日)16時23分 J-CASTニュース

「パッキャオだったと思う」と為末さん(写真は2013年10月撮影)

写真を拡大

   ボクシングの世界ウエルター級王座統一戦が2015年5月2日(日本時間3日)、米ネバダ州ラスベガスのMGMグランド・ガーデンアリーナで行われ、世界ボクシング協会(WBA)、世界ボクシング評議会(WBC)王者フロイド・メイウェザー(アメリカ)が世界ボクシング機構(WBO)王者マニー・パッキャオ(フィリピン)を3-0の判定で下した。メイウェザーはこれで3団体の統一王者となった。

   試合は「世紀の一戦」として注目され、日本でもWOWOWが生中継し、多くの著名人も観戦した。しかし、その判定を疑問視する声も少なくない。


川平慈英「む〜。そんな大差のつくマッチだろか?」


   試合後、元陸上選手・為末大さん(37)が「パッキャオだったと思う」、お笑いタレントのほんこんさん(51)が「パッキャオの勝ちやろ なにこれ」、俳優・川平慈英さん(52)が「む〜。そんな大差のつくマッチだろか?」、人気YouTuberのHIKAKINさん(26)が「パッキャオ最後まで動き良かったのになー」とそれぞれツイートした。


   パッキャオ自身も試合後、「いい試合でしたが、私は勝ったと思いました」とコメントしていた。

J-CASTニュース

「ボクシング」のニュース

BIGLOBE
トップへ