【最新版】SpotifyおすすめKーPOPランキングトップ10【2021年1月】

5月2日(土)13時2分 K-board

Spotify配信曲の中から、おすすめのK-POPをランキング形式でご紹介します。是非参考にしてみてください!※1月27日時点のSpotifyのK-POPランキングを参考にしています。

10位:Boy With Luv feat.Halsey / BTS(防弾少年団)

韓国内だけではなく、世界中で人気を誇るBTSの日本10枚目のシングル。
MVがYouTube史上最速で1億再生を突破した曲で、「24時間で最も視聴されたYouTube動画」「24時間で最も視聴されたYouTubeのミュージックビデオ」「24時間で最も視聴されたK-POPグループのミュージックビデオ」の3部門でギネス世界記録に認定されています。軽快なメロディーに聞き覚えがあるという方も多いのではないでしょうか?

9位:CRY FOR ME / TWICE

BLACKPINKと並ぶヨジャドルのトップのTWICEが12月18日にリリースしたばかりの新曲!
歌詞が深く、可愛いを売りにしているTWICEにしてはしっとりした楽曲です。
公式チャンネル「TWICE TV」に投稿されたアレンジバージョンも必見です。
「号泣ver」「かわいいver」「悲しみver」「TT ver」全部可愛いです♡

8位:Feel Special / TWICE

TWICEの八枚目のミニアルバム『Feel special』のタイトル曲。
15万枚4千枚を売り上げ、ガールズグループの初週売り上げ記録を塗り替えました!
今までのキュートなイメージとは異なり、一人ではないこと、支えてくれる誰かがいること、そのことの素晴らしさを歌ったメッセージ性の強い楽曲となっています。
ミュージックビデオの、笑顔を一切見せない、切なげな顔の歌い出しからもう目が離せません。

7位:Panorama/IZ*ONE

二年半という活動期間のグループとして結成された韓日合同KPOPガールグループ・IZ*ONEの5枚目アルバムタイトル曲。これまでのタイトル曲の振り付けが画されたダンスは感動的です。歌詞もまた同様に「伝えきれなかった私たちの話」や「悔いが残らないように」、「永遠に記憶していて」など、儚い何かを示唆しています。活動期限が刻々と近づいているIZ*ONE。推しは推せる時に推しましょう!

6位:You eyes tell/BTS

韓国映画「ただ君だけ」をリメイクした日本映画『きみの瞳が問いかけている』の主題歌として書き下ろされたBTSの日本オリジナル曲です。映画に沿った感動的な歌詞が日本語で綴られています。作曲にはBTSの黄金マンネ・ジョングクが異例の抜擢。台本を読んで、映画の編集中の映像を見たジョングクが作ったそう。

5位:5時53分の空で発見した君と僕/TOMORROW X TOGETHER

BTSの弟分、TOMORROW X TOGETHER日本1stアルバムの収録曲です。
BTS同様物語性のある深いMVが魅力のTXT。今回も遊園地を舞台に少年から大人に変わる境目の瞬間を表現した儚くさみしいMVとなっています。2019年3月にデビューしたばかりのTXT。多数の授賞式で新人賞を総なめにした期待の大型新人の動向に今後も目が離せません。

4位:Life Goes On / BTS

11月20日にリリースされたBTSの最新アルバム『BE』のリード曲。米ビルボードHot100で1位になった曲です!「ビルボード」の発表によれば、1958年にスタートした「Hot 100」の62年の歴史の中で、主に韓国語で歌われた曲が1位を獲得するのは初めてだそう!コロナ禍で大変な全世界の人々に向けた温かい癒しを詰め込んだメッセージ性のある楽曲です。

3位:I CAN’T STOP ME / TWICE

2020年10月22日にリリースされたTWICEの楽曲。80年代のレトロな雰囲気が漂ったシンセウェーブジャンルの曲に合わせて切れ味抜群の華やかなパフォーマンスを披露したMVが魅力です。とても耳に残る曲調でおもわず口ずさんでしましますね!

2位:Dynamite/BTS

2020年8月21日に公開されたBTSのデジタルシングル。
KPOPに詳しくない人も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?世界中で大流行しましたね!MVは公開時点で同時アクセス数が300万人を超え、YouTubeのプレミア視聴記録を達成しただけでなく、公開24時間で1億100万人のアクセス数を記録し、YouTubeからミュージックビデオ史上「24時間最多アクセス数」の新記録が公認されました!アメリカのビルボード「Hot 100」チャートにランクインし、韓国歌手としては初めて歴史を残しました!今も6ヵ月間チャートのロングランを続けています。

1位:Dingga -Japanese ver. / MAMAMOO

MAMAMOOが2月3日発売のアルバム『TRAVEL -Japan Edition-』の楽曲「Dingga -Japanese ver.-」。
「Dingga」はオリジナルバージョンがすでに配信されており、日本でもテレビ朝日『関ジャム』で2020年ベスト10の中で紹介されている。その日本語バージョンでは、“コロナ時代を憂う”だけでなく、“ディンガディンガして)乗り切ろう”といったメッセージを日本語詞で表現しています!
MVも日本語での歌唱シーンやファンキーなディスコサウンドに乗ったメンバーのキャッチーなダンスを見ることができます!

K-board

「Spotify」をもっと詳しく

「Spotify」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ