『ZIP!』貴島明日香の“関西弁コーナー”に女性がイライラ!

5月3日(金)7時31分 まいじつ

4月の改編にて、人気お天気キャスター貴島明日香の出番をガッツリ減らしたとブーイングを浴びている朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)だが、貴島のコーナーにさらなる〝改悪〟を挟み、今度は貴島本人のイメージダウンにつながりかねない事態になっている。


【関連】「男なんていらねぇ」お天気コーナー改悪の『ZIP』に大ブーイング ほか


貴島は持ち前のルックスとキャラで熱く支持されており、特にたびたび披露するコスプレは男性視聴者のハートをキャッチ。さらに、兵庫県出身ということから関西弁を披露することもあり、スタジオからのフリで関西弁の意気込みを語ることもあった。


日頃の貴島は標準語をしゃべるよう努めていることもあり、ギャップ満載の関西弁は視聴者からも好評だったよう。そしてこうした流れを受けてか、この春の改変から、貴島が番組終了間際に関西弁で視聴者へ語り掛ける『きょうの一言』というコーナーが開始されたのだ。





「制作側の考えがキモイ…」


しかし、こうしたギャップはたまに出すから良かったようで、「きょうの一言」の評判は日に日に悪化。特に女性視聴者からの評判が悪いようで、ネット上には、



《関西弁好きだけど、ZIPのあすかちゃんが言うとなぜかめっちゃイラっとくるw》

《ZIP最後の関西弁 だいっっっきらいなんやけど調べたらあたしだけじゃなくて安心した》

《関西弁しゃべらしたらかわいいやろって制作側の考えキモイ》

《貴島さんかわいいのは分かったから関西弁コーナーだけは滅亡して》

《zipの女の子関西弁でしゃべらせるコーナー廃止しろ》



などといった声が上がってしまっている。


「同番組の気象情報は、4月から『ウェザーマップ』社の小林正寿予報士が担当することになり、貴島はアシスタント的な役割に格下げされてしまいましたが、人気自体はあるので新たなコーナーを代わりに設け、視聴者の気を引こうと考えたのでしょう。しかし、貴島はキャスター業のために標準語に矯正する努力をしており、兵庫出身にもかかわらず〝エセ関西弁〟のようなイントネーションに。これが視聴者をイラ立たせているようです」(芸能ライター)


どうやら、貴島は安易な発想しかできない制作陣の〝被害者〟となってしまったようだ。






【アイキャッチ画像】


Dmitry_Tsvetkov / Shutterstock


まいじつ

「貴島明日香」をもっと詳しく

「貴島明日香」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ