おかもとまり もう中学生と再会デートし「一生嫌いにならない」

5月3日(土)7時0分 NEWSポストセブン

おかもりまりは、もう中学生との再会デートについて告白

写真を拡大

 広末涼子のモノマネで一躍注目を集め、今やバラエティーに引っ張りだこのタレント・おかもとまり(24才)。芸人らしからぬスタイルの良さでグラビアでも活躍しており、自らの立ち位置を“グレーゾーン”と定義している。大好評シリーズ企画「転機」第3回となる今回は、モノマネメイク誕生秘話、そして、熱愛&破局報道のあったピン芸人・もう中学生(31才)との恋の行方についておかもとに語ってもらった。


——もっとグラビアにシフトしてほしいという声もありますが、なぜお笑いタレントを選んだのでしょうか?


おかもと:中学生のときから、バラエティー番組のリポーターになりたかったんです。それで高校1年生のころ、アイドル育成番組のオーディションに受かって、デビューしたんです。その頃、仕事で一緒になった古坂大魔王さんが、楽屋ですごく人を笑わせていて。人を笑顔にできる人ってすごいなと思って。こうなりたいと思ったのがきっかけでもあります。


——スタートはアイドル寄りだったんですね。


おかもと:そうですね。でも、バラエティーでリポーターをやりたい気持ちは変わらなくて。18才の時に、リポートとモノマネをしているVTRを自分で撮って、地元の群馬から上京して太田プロに持って行きました。太田プロはいつもは、そういうものは受け取らない方針なのですが、たまたま年末の事務所の締め日で、マネジャーが2人しかいなくて、しかもお酒を飲んでいたらしくて。その勢いで受け取ってもらえました(笑い)。運が良かったんですね。


——持ってますね!


おかもと:それから、太田プロに入ったばかりの頃、アイドル番組に出ていて、その番組で鳥居みゆきさんのモノマネをしたら、それを見た『エンタの神様』(日本テレビ系)のスタッフさんが声をかけてくれて。エンタにも出るキッカケになりました。


——ホント、広末さんの横顔にそっくりですよね。


おかもと:広末さんのネタに関しては、横顔のネタしかなかったんですよ。22才くらいから、早くも自分のモノマネに限界を感じていて。他の人のほうがモノマネもトークも上手だしと悩んだ時に、せっかくお笑いとグラビアのグレーゾーンにいるし、もっと自分らしくグレーをきわめようと思ったんです。芸人っぽくしようと我慢していたおしゃれを解禁して、ブログでモノマネメイクの連載も始めたんですね。悩んだからこそ、生まれたんだと思います。


——モノマネで挑戦している新ネタはありますか?


おかもと:グラビアアイドルの事務所別「グラビアポーズの違い」というネタを極めたいですね(笑い)。事務所ごとにテイストが全然違うんですよ。例えばアーティストハウス・ピラミッドは、熊田曜子さんとか夏川純さんとか、くびれがあって胸があってというわかりやすいグラビアの人が多い。プラチナムは、菜々緒さんや木下優樹菜さんなど、イマドキのギャルっぽい人が多いんですね。まだ未完成な部分もありますが、今年中に完成させたいと思っています。


——交際の噂があったもう中学生さんと昨年8月に破局報道があって、昨年末放送のバラエティー番組ではそれ以来の対面をしていました。デートの約束をしていましたが、そのあと会ったんですか?


おかもと:もともとおつきあいもしていなんですけどね(苦笑)。でも、番組で会えた時は本当にうれしくて。ココでつきあえるのかな?って(笑い)。報道されたのがキッカケで連絡が取れなくなってしまい、会えなくなってしまったので。それで、「しっかりしてくれたらご飯に行きます」と言ったんです。それで去年のクリスマスに食事に行ったら、結果うまくいきませんでした。


——なぜうまくいかなかったんですか?


おかもと:その日はクリスマスで、私の仕事が終わるのが遅くて、車で迎えに来てくれたんですね。どこに行こうかって4つくらいコースを決めていてくれていたんです。私はお台場を選んで、到着するまでは楽しかったんですけど、ちゃんとデートはできなかったんですよね。すごくピュアな人だからこそ、お台場に着いたら「違う場所にしませんか?」って。人が多いのにびっくりしたようで(苦笑)。


——ロマンチックなクリスマスデートのはずが?


おかもと:結局、お台場で食事したんですけど、車の中でマックのお持ち帰りをして、目の前に壁しかない駐車場で。昔はそれも楽しかったんですけど。もうなんなんだろうって悲しくなっちゃって、私24才だし(笑い)。一生嫌いになることはないし、相手がピュアな部分は一生変わらないんだろうって思うんです。でも私が、もっと同世代の女の子みたいに堂々とデートしたい、大人になりたいって変わっちゃったんでしょうね。この3年間の恋は、去年のクリスマスにお台場の海に沈めてきました(笑い)。


【おかもとまり】1989年12月13日生まれ。群馬県出身。地方でのタレント活動を経て、2008年よりお笑いからグラビアまで幅広く活躍している。広末涼子似のルックスをいかした顔マネのほか、鳥居みゆき、スザンヌ、岡本夏生など多数レパートリーを持つ。自身のプロデュースとなるグロス『choco lage』が発売中。パッケージの唇は、おかもと本人。


撮影■田中麻以

NEWSポストセブン

「おかもとまり」のニュース

BIGLOBE
トップへ