紗栄子 熊本のボランティア活動に「有言実行、素晴らしい」 現地からお礼も

5月3日(火)16時30分 Techinsight

紗栄子「また会いに行くからね!」(出典:https://www.instagram.com/saekoofficial)

写真を拡大


4月30日にお忍びで熊本地震の被災地に向かい、ボランティア活動を行ったタレント・紗栄子。彼女は4月に熊本県と大分県に義援金を寄付しており、今回は避難所に物資を届けたり、他のボランティアらと一緒にしょうが焼きを振る舞うなどして被災者を励ましたという。

5月3日の『紗栄子 saekoofficial Instagram』に、10代の女の子4人と肩を組んでにこやかな表情を浮かべる紗栄子の姿がある。「インスタに載せる約束守ったよ」「みてくれてるかな?」と添えた言葉から、彼女の優しさが伝わってくる。当日は限られた時間の中でたくさんの人と出会い、会話をし、また膨大な作業に追われたであろうが、写真の彼女は疲れを見せることなくとても晴れやかだ。

この被災地での思い出が詰まった写真に、フォロワーからは紗栄子を称賛する声が多く寄せられている。「言葉だけじゃなく行動に移せるなんて、なかなかできないです」「有言実行、素晴らしい」、また「さえこさん、熊本までありがとうございました。感激しました」と被災地の方からもお礼の言葉も目立っていた。義援金を寄付した時は、振込受付用紙の画像をSNSで公開したことから“売名”などと批判を浴びていた紗栄子。だが彼女のボランティア精神が本物であったことは、紗栄子に接した被災者らの笑顔が証明していると言えよう。

出典:https://www.instagram.com/saekoofficial
(TechinsightJapan編集部 みやび)

Techinsight

紗栄子をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ