AKB48高橋朱里“卒業公演”を受けて NMB48太田夢莉「兄貴 ご卒業おめでとうございます」

5月3日(金)16時15分 Techinsight

太田夢莉と高橋朱里(画像は『太田夢莉 2019年5月2日付Twitter「兄貴 AKB48 ご卒業おめでとうございます」』のスクリーンショット)

写真を拡大

AKB48高橋朱里(21)が5月2日、秋葉原・AKB48劇場で『高橋朱里チームB「シアターの女神」公演 高橋朱里 卒業公演』を行った。その日の夜、NMB48太田夢莉(19)が自身のTwitterで「兄貴 AKB48 ご卒業おめでとうございます」と祝福して思い出の写真を公開している。

振り返れば、大島優子の卒業シングルでもあるAKB48『前しか向かねえ』(2014年2月26日発売)に収録された『秘密のダイアリー』で高橋朱里がシングル初センターを務め、太田夢莉も選抜メンバーとなる。

「『秘密のダイアリー』で出会って以来、兄のように思っています…優しくて、面白くて、可愛くて、かっこいい先輩です!」と当時からの思いを明かす太田夢莉。

高橋朱里は卒業後、韓国で芸能事務所「Woollimエンターテインメント」に所属して再デビューすることから、太田は「最近お会いできる機会が少なく、これから今までよりも更にお話できなくなるのは寂しいですが、ご活躍を楽しみにしています…」とメッセージを送った。

そんな太田夢莉の投稿に、フォロワーから「姉妹ではなく兄弟みたいな二人の関係性も好きだったなぁ 新たな道でも活躍してほしいね」、「兄弟っていいね 改めて朱里ちゃん卒業おめでとう」、「そうやそうや、兄貴やったなー懐かしい…素敵な関係がこれからも続くように願ってるよー」などのコメントが寄せられている。

画像は『太田夢莉 2019年5月2日付Twitter「兄貴 AKB48 ご卒業おめでとうございます」』のスクリーンショット

Techinsight

「卒業」をもっと詳しく

「卒業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ