「放送コードに挑んだ」TVドラマ(4)小野真弓が漏らしたリアルな声

5月4日(月)9時17分 アサ芸プラス

 深夜帯にもかかわらず、常に高視聴率を記録したのが、「特命係長・只野仁」(03〜12年、テレビ朝日系)。なかでもアイドルとして絶頂期だった25歳当時の小野真弓は、「え、彼女が濡れ場を!?」と業界内を一斉にざわつかせた。
 相手は恋人役の石橋保。体を覆うものは薄いシーツのみで、石橋と抱き合いベッド上を転がる。上になり下になり、美しい背中、ハリのある白いフトモモがまる見えになり、今にも胸元がはだけそうだ。
「はぁ…はぁ…んん‥‥」
 控えめなあの声もまたリアルで、実生活でのソレを想起させる名場面だった。
 時には深夜以上のハード描写もこなしてしまう、東海テレビ制作の昼ドラ。そんな過激な枠で、双子姉妹、マナカナの三倉茉奈が、「赤い糸の女」(12年)で、これまでのイメージを一新する艶技を披露したのだ。
 意中の男とホテルへ行くと、すばやく服を脱ぎ捨てベッドへ向かう。
「ねえ、早くぅー、毎日でもシテほしい」
 と言いながら抱き合うと、唾液にまみれた激しいキス。
「あぁん、あぁぁ…ふぅん」
 一糸まとわぬ姿で男にまたがり、激しく上下と前後左右に揺らされまくるのだ。
 あの子役が1人の女になった──そんな「感動」を覚えてしまう名シーンだ。

アサ芸プラス

「小野真弓」をもっと詳しく

「小野真弓」のニュース

BIGLOBE
トップへ